大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

明治150年記念連載 大磯歴史語り 第32回「原敬【7】」文・武井久江

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena
介寿荘跡地の店舗入口にある胸像
介寿荘跡地の店舗入口にある胸像

 今回は、原が行った内閣総理大臣としての業績について語ります。

 (1)藩閥の打倒打破と政党政治(外務・陸軍・海軍以外の大臣を衆議院第一党の政友会党員で組織)の確立。(2)四大政綱〜「教育の充実」*高等教育機関の増設↓慶應義塾・早稲田・明治・同志社など各私立大学の認可。東北大学・北海道大学・九州大学の設立。外国語教育の重視(小学校1年生から英語を)。「交通通信機関の整備」↓鉄道網の整備・地方線の拡大(149路線約1万Kmの新設計画)。港湾の整備。通信手段(電信・電話)の拡張。「国防の充実」↓第1次世界大戦は航空機が初めて軍事用に実用化された戦争で、原は新兵器の出現を指摘し陸軍航空部を設立。「産業振興」鉄鋼業を奨励します。これらの「四大政綱」は各種の産業を育成し、地域に利益をもたらして献金や票を集めることに繋がり、立憲政友会の地方への勢力拡大の原動力になりました。特に、高等教育機関の拡充については、大正天皇から金1000万円が下賜されることになったとか。まだまだ、あります。都市計画法・公設市場の設置。医療保護法・国会議事堂の建設着手、等々。著述家(随筆・日記・短歌・俳句に親しむ)であり、趣味は囲碁・将棋。教育に関して「漢字減少論」「ふり仮名改革論」、外国語教育に貢献しました。

 調査資料の中に「歴代政治家10傑の内閣総理大臣」(日本経済新聞平成2年11月)の、第1位原敬以下吉田茂、伊藤博文、西園寺公望、池田勇人。「20世紀最高の内閣」の総理大臣は原敬(月刊現代平成12年4月号)と書かれています。吉田茂はある本の中で、近代政治史のバイブル「原敬日記」を「総理大臣必読の書」と呼んでいます。原は明治8年4月14日から大正10年11月4日(暗殺される当日の朝)まで、46年間日記を書き続けました。そして彼が最も大切にしたことは、家族・先生・上司・故郷を大切にし、恩返し(母の世話をする介寿荘建設等)をすることでした。次回はなぜあんな死に方を? 写真は盛岡、介寿荘跡地の銅像です。(敬称略)
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

11月22日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第33回「原敬【8】」文・武井久江

11月8日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第31回「原敬【6】」文・武井久江

10月11日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第30回「原敬【5】」文・武井久江

9月27日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第29回「原敬【4】」文・武井久江

9月13日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第28回「原敬【3】」文・武井久江

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

    11月22日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第33回「原敬【8】」文・武井久江

    11月8日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第32回「原敬【7】」文・武井久江

    10月25日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク