大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

「粋に使って」浮世絵ノート  二宮の印刷会社 和紙を製本

文化

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
フルサワ印刷会長の古澤さん(右)と社長で娘の真下さん。手にしているのは富嶽三十六景の「相州梅澤左」と「神奈川沖波裏」
フルサワ印刷会長の古澤さん(右)と社長で娘の真下さん。手にしているのは富嶽三十六景の「相州梅澤左」と「神奈川沖波裏」

 歌川広重の東海道五十三次。新紙幣の絵柄に決まった、大波と富士山で有名な葛飾北斎の富嶽三十六景シリーズもある。二宮駅北口商店街のフルサワ印刷の玄関先。浮世絵を表紙と裏表紙にしたノートがずらりと並ぶ。

 中のページも独特の風合いを持つ和紙だ。「日本の文化や歴史に興味を持ってもらえればと思って」。事務所から声を掛けてきたのは、同社会長の古澤吉郎さん。倉庫に眠っていた大量の和紙を利用し、10年ほど前から浮世絵ノートを作っている。浮世絵を扱った複製画の企画販売や銀行のノベルティ製作をしてきた実績があった。このノートを仕事の関係者などに配布。今年春から玄関先に陳列して販売を始めたところ、じわじわと人気が出てきたという。

 大正3年に創業した同社の三代目を継いだ古澤さんは、持ち前の行動力とアイデアで大手企業とも取り引きし、事業を拡大。少年時代から浮世絵が好きで、職人を探して復刻版を集めたことも。二宮町長を務めたとき、富嶽三十六景の「相州梅澤左」が地元の二宮であることをアピールした。

 スマホやパソコンが全盛の世の中で、和紙に手書き。「ノートの使い方は人それぞれ。和紙は裏写りしにくいので、御朱印や旅行の記念スタンプを押したり、サイン帳にしたりするのもいい」と古澤さん。笑顔が絶えない85歳は「人に喜ばれる、楽しんでもらうことが健康の秘訣」と話す。

 東海道五十三次のノートはA5よりひと回り大きいサイズで1冊300円。4冊1000円。富嶽三十六景のノートは1冊500円。問い合わせはフルサワ印刷【電話】0463・71・0114。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

防災・教育などに重点

二宮町予算案

防災・教育などに重点 政治

庁舎整備計画は再検討へ

2月21日号

初の移住体験バスツアー

初の移住体験バスツアー 経済

1市3町の魅力を紹介

2月21日号

念願叶い新品種認定

念願叶い新品種認定 社会

齋藤廣昭さんの「大磯小桜」

2月14日号

大型事業が一段落

大磯町当初予算

大型事業が一段落 政治

子育て支援など拡充へ

2月14日号

小中一貫校に9配置案

小中一貫校に9配置案 教育

二宮町が意見交換会

2月7日号

初の大規模修繕

大磯駅前洋館(旧木下家別邸)

初の大規模修繕 文化

地元建設会社が施工

2月7日号

春へ前進 梅のたより

春へ前進 梅のたより 社会

旧吉田邸などで開花

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第38回「吉田茂【5】」文・武井久江

    2月14日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク