大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

明治150年記念連載 大磯歴史語り 第38回「吉田茂【5】」文・武井久江

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
大磯の寺内邸
大磯の寺内邸

 初めての任地は満州の奉天でした。帰国後、ロンドン赴任の辞令が出ますが何故か留め置きになりました。茂にとって人生最大の人との出会いがあります。縁談です。その事で外務省が配慮したと言われています。後ろ盾を失くした茂を心配して、実父の竹内綱が動きました。お相手は明治維新で活躍した大久保利通の次男・牧野伸顕の娘・雪子です。この結婚で、華やかな政財界の一族になった訳です。新婚生活は、新たな赴任地のロンドンで送り、後ローマのイタリヤ大使館に移ります。当時、外務省には中国・総領事館勤務は裏街道、欧米の在外公館勤務が表街道と、この基準で行くと茂は表街道を走っていたことになります。ところがこの後、満州の安東領事を4年間務めることになります。それは、初代朝鮮総督の寺内正毅に見込まれたためです(彼も大磯に別荘をもち、今現在はご子孫がお住まいです)。茂は、外務省と寺内総督との連絡役となり、活躍しました。寺内が次期総理に推挙され朝鮮を去る時に、茂にも帰朝命令が出た時の一言は、皆様も聞いたことがあるかもしれませんが、寺内が茂に総理秘書官になるように求めた時に「総理大臣は務まると思いますが、総理大臣秘書官は務まりません」と言って断った話は有名です。ここから外交官として、更なる任地への赴任がありますが、トラブルというか、例えば「対華21か条要求」を批判したという理由で任地の取り消しがあったり、そのために本省内で一番の閑職・文章課長心得になる事もありました。そんな折、大正7年(1918)12月に岳父である牧野伸顕がパリ講和会議の全権を務め、その随行で約10ヶ月のパリ暮らしの後、ようやく表街道のロンドン駐英大使館勤務となりました。この2度目のロンドン勤務が後年話題になった、茂の英国紳士風のおしゃれに磨きがかかります。(敬称略)

 お知らせです。2月24日(月)21時〜23時24分にテレビ東京で「アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂」の放送があります。
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

1月24日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第36回「吉田茂【3】」文・武井久江

1月10日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第35回「吉田茂【2】」文・武井久江

12月13日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

11月22日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第33回「原敬【8】」文・武井久江

11月8日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第32回「原敬【7】」文・武井久江

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第38回「吉田茂【5】」文・武井久江

    2月14日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク