大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

明治150年記念連載 大磯歴史語り 第46回「吉田茂【13】」文・武井久江

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena

 現在吉田のお墓は、横浜・久保山墓地に平成23年(2011)に、青山墓地から改葬されました。菩提寺は吉上山慈眼院光明寺。このお寺は、養父である吉田健三の所有地で明治21年に現在地へ移転。同郷(現・福井県越前)で先輩である上郎幸八と共同の資金により、大檀那(勢力のある檀家)として、吉田の吉(開基家)と上郎の上(準開基家)を取り、吉上山の山号がつけられました。上郎幸八は大磯に深く関わった方ですが、皆様はご存知ですか? 公は横浜・湘南の地の有望性に着眼し、あらゆる土地を買収、開拓して道路の敷設や河川の開削を行いました。その土地を献納し軍医総監の松本順や、吉田健三両氏とはかって、内外の貴顕・紳士のために夏季静養別荘地を約4万2千坪保有しました。明治20年に大磯に鉄道がひかれてから、一気に別荘族が増えたのもそのお陰です。明治38年より、大磯に隠遁されました。当時吉田邸の切通しの隣に別荘があり、土地は健三と2人の共有地として購入、現在も七賢堂のお堂の上の木々の中に2人の名前が書かれた境界石があります。

 久保山の墓所の第一印象は、らしくないというか、簡素で地味にみえます。こんな例えをした人がいます、「死して屍を残さず」という感じです。青山墓地は、麻生家が管理していました。吉田は約44年間青山墓地に眠っていましたが、彼が亡くなった10年後に長男健一が亡くなります。彼は青山墓地に入る訳にはいきません。彼は養祖父の健三の墓地に入りました。そのお墓には、茂の養父・養母・健三の両親・幼くして亡くなった茂の次女、健一の妻・長男健介が眠っています。その後、長男健一の長女・暁子が久保山に改葬を決めたようです。でも吉田家のお墓には、茂・雪子が入る場所は無く、200メートル程離れた反対側に、ひっそりと眠っています。養父達のお墓に何故眠る事が出来なかったのか、それなのになぜ改葬したのか、長男・健一には、娘の暁子(現・74歳)が亡くなった後、継ぐべき親族はいません。これから子供が少なくなっている時代、長男とか、跡取りではなく、看てあげられる人が看る時代ではないでしょうか。次号で完結です。(敬称略)
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第47回「吉田茂【14】」文・武井久江

6月26日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第46回「吉田茂【13】」文・武井久江

6月12日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第45回「吉田茂【12】」文・武井久江

5月29日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第44回「吉田茂【11】」文・武井久江

5月15日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第43回「吉田茂【10】」文・武井久江

4月24日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第42回「吉田茂【9】」文・武井久江

4月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第47回「吉田茂【14】」文・武井久江

    6月26日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク