大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

国府小学校 食べて学ぶ地場産品 大磯産牛肉の給食を堪能

教育

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena
大磯なごみ牧場の畜舎
大磯なごみ牧場の畜舎

 大磯町立国府小学校(児童数637人)で、大磯産和牛を使った給食が10月22日から提供されている。新型コロナウイルスの影響を受けた県内畜産業を支援するとともに、子どもたちに地元産の牛肉について学んでもらおうという県の取り組み。同校では同じ国府地区にある「大磯なごみ牧場」から牛肉の提供を受けた。12月までの間、月1回献立に並ぶ。

 「やわらかくて、おいしい」。正午過ぎの給食の時間、大磯なごみ牛のビーフカレーをほおばった児童らが満面の笑みを浮かべた。「たくさん良いお肉を頂いたので、いつもよりお肉を多めにしました」と栄養教諭が語るボリューム満点のカレーはおかわりが相次ぎ、食缶があっという間にカラになった。食事中に担任教諭が大磯産の牛肉であることを児童らに説明し、生産過程や生産者からのメッセージを映した紹介動画も上映。秋山実校長は「国府地区でつくられたお肉を食べて、大人になっても地元を愛する人になってほしい」と語った。この日は中崎久雄町長らも同校を訪問し同じ給食を味わった。また同様の取り組みとして、大磯小学校と国府小学校の給食で県内産メバチマグロとシロサバフグも提供されている。

命考える機会に

 大磯なごみ牧場は、子牛を生産・育成して市場へ出荷する繁殖経営を行っている牧場。普段は直接食肉の提供を行っていないが、今回は「子どもたちの食育につなげたい」と自ら行政へ働きかけたという。代表の渡辺紗緒里さんは2015年に開業。妹との姉妹経営で、大磯で離農した酪農牛舎を改築し、繁殖牛を購入して黒毛和種の生産を始めた。大磯町初の牛肉の生産農家ということで町からの期待も高い。現在は4人のスタッフで繁殖牛60頭を飼育。生後10カ月の素牛を年40〜50頭、群馬県の市場へ送り出している。

 「牛に優しく、人に優しい」をモットーに、牛の免疫力を高める飼料管理や、牛が幸せに過ごせる生活基準の向上などに努めている渡辺さん。地域に寄り添った農業を目標に、地元の子どもたちの職場見学なども受け入れてきた。「食育を通じて子どもたちが知識を持った消費者に成長し、安全な食肉を選べる世の中にしていきたい」と話し、「今回の給食が、普段いただいている命について考える良い機会になってもらえれば」と思いを語った。

給食でなごみ牛を味わう児童
給食でなごみ牛を味わう児童

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

ハザードマップ多言語化

ハザードマップ多言語化 社会

中井町 外国人へ防災情報

11月26日号

新名物なるか「大磯早ずし」

新名物なるか「大磯早ずし」 経済

未利用食材を有効活用

11月26日号

交流食堂へピザ提供

交流食堂へピザ提供 社会

ピザーラが地域貢献

11月19日号

美郷町と地域活性化協定

大磯町

美郷町と地域活性化協定 経済

鳥獣害対策を機に連携

11月19日号

河川プラごみ 空から発見

河川プラごみ 空から発見 社会

不法投棄対策にドローン

11月12日号

2年ぶり 大地震想定訓練

大磯町

2年ぶり 大地震想定訓練 社会

ワクチン接種会場でも

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ブルボンヌさんが講演

ブルボンヌさんが講演

人権テーマに中井町で

12月4日~12月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook