大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

紫に色付くサフラン 発祥の地・大磯で開花

社会

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
開花したサフラン
開花したサフラン

 香辛料や生薬などに幅広く利用されているサフランが、大磯町立図書館のプランターで紫色の花を咲かせた。ボランティアが植えたものという。

 大磯とサフランの関わりは深い。明治の頃、国内でサフラン栽培を最初に行った人物が国府村(現在の大磯町国府地区)の添田辰五郎で「サフラン発祥の地」とされている。当時、高価な輸入品だったサフラン。辰五郎は病気にかかりサフランを服用する母のために、その栽培に乗り出した。1886(明治19)年にヨーロッパから球根5個を入手して独自に栽培研究を開始。10年の歳月をかけてサフランの生産に目処が付くと球根の販売に力を入れ、宮内省の買い上げ品にもなった。1903(明治36)年に開催された内国々益品博覧会で名誉金牌、内国勧業博覧会でも二等賞牌を授与されている。サフランは大分県竹田市に伝わり、同市が名産地になるきっかけとなった。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

旧堀文子邸など巡る

旧堀文子邸など巡る 文化

大磯まち歩きツアー

5月14日号

脱プラへ竹製すね当て

脱プラへ竹製すね当て 社会

中井町の間伐材利用 

5月14日号

和から洋へと麗しく

和から洋へと麗しく 文化

着物リメイク作品展

5月14日号

地元3組が出演

地元3組が出演 文化

JAHライブ第2弾

5月14日号

大磯署にマスコット誕生

大磯署にマスコット誕生 社会

広報力アップねらう

5月14日号

まちかど事件簿

まちかど事件簿 社会

大磯署・松田署

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter