大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

「ほめる」大切さをシェア SNS中心に話題 大磯で考案

経済

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
「ほめほめノート」を手掛けた牧野さん
「ほめほめノート」を手掛けた牧野さん

 年齢を重ねるほどに、人からほめられる機会は減るもの。自分の良いところを毎日10個書き出すというユニークなコンセプトの「ほめほめノート」が、「前向きになれる」とSNSを中心に話題を呼んでいる。ノートを考案した大磯町在住の牧野彰邦さん(35)に話を聞いた。

 パーソナルコーチとして活動しながら、自身のコンテンツレーベル「GOOD&SHARE」を運営する牧野さん。ほめほめノートは、自身の実体験から生まれたという。勤めていた会社が大手に吸収されたことを機に転職を考えた2019年、家族と過ごす時間を大切にしたいという思いと転職活動の隔たりに行き詰まりを感じていた。「もともと自己肯定感が低く、自分は何もできないと思っていました。そんな時に、ある人から『自分がやってきたことを10個書いてみて。絶対あるから』と促され、試しにノートに書き出してみました」。思いのほか15個ほど書くことができたことで充実感を得た牧野さんは、その日から毎日10個ずつ、ささいなことでも自分のことをほめる習慣を始めた。ひと月ほど続けていると行動が前向きになり、自分や他人の良いところを見ることができるようになり「生きやすくなった」という。周囲に勧めてみると喜ばれたことから、より多くの人に実践してもらいたいとノートを制作。レーベルを立ち上げて今年8月からネット販売を始めたところ、ツイッターやインスタグラムで口コミが広がった。

他人と比べず自己肯定

 制作にあたり紙の専門商社を訪れて、手触りや書き心地など約5000種類の中から選び出した紙を使い、知人のデザイナーなどに相談しながら完成させたというノート。B6サイズの全48頁。全3色。ネット(https://shop.goodandshare.com)や大磯駅近くの「つきやま」で、1200円+税で販売中。「他人と比べず、今できていることからほめるのがコツ。これからも良いと思うものをシェアしていきたい」と牧野さん。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

新島襄命日 各自で偲んで

新島襄命日 各自で偲んで 社会

終焉の地碑前祭 今年は中止

1月22日号

インフル報告数が激減

インフル報告数が激減 社会

コロナ感染予防が影響

1月22日号

まちかど事件簿

エコバッグ 大磯PRにも

エコバッグ 大磯PRにも 経済

 町観光協会が芸術家と製作 

1月22日号

スギ「並」・ヒノキ「少」

スギ「並」・ヒノキ「少」 社会

県の花粉飛散量予測

1月22日号

6党県代表が年頭所感

6党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の施策語る

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク