大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

大磯歴史語り 〈財閥編〉

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
土佐稲荷神社(大阪)
土佐稲荷神社(大阪)

 今回は三代目・久弥です。慶応元年8月25日(1865)、土佐国安芸郡井ノ口村(現・高知県安芸市井ノ口)に、地下浪人岩崎弥太郎・喜勢夫妻の長男として生まれます。前回・岩崎弥太郎の時に詳しくお話しできなかった祖先のお話をしてみます。岩崎家は甲斐源氏・武田氏の末裔で、土佐に移り住んで安芸氏に、のち長宗我部氏に仕えました。江戸中期には山内氏の下で土佐藩の郷士となりましたが、弥太郎の曽祖父の時代に生活に困り郷士株を売ってしまい地下浪人になりました。久弥が生まれたのはまさに幕末の激動期でした。

 江戸幕府と薩長勢力との対立は深刻化して、久弥の誕生の前年、元治元年(1864)には第1次長州征討や四国艦隊の下関砲撃がありました。慶応2年には坂本龍馬の周旋により薩長連合が成立、一方幕藩体制は混迷を極め、第2次長州征討は失敗しました。徳川慶喜が土佐藩主・山内豊信の建白を受けて朝廷に大政奉還を申し出たのが慶応3年、王政復古の大号令が発せられ、翌年明治維新となりました。久弥・2歳半でした。幼年時代を土佐の井ノ口村で送った久弥でしたが、明治4年5歳の時、大阪の父の指示で祖父母を含む一家は高知城下に移り住みます。この頃、久弥は祖父・弥次郎に読み書きを学びます。祖母・美和は手記に、祖父が熱心に教えた様子を書いています。明治6年に、三菱商会を名乗った弥太郎の海運会社は多忙を極めていましたが、家族は大阪に合流しました。祖父母も含めて家族が一緒に住むのは4年振り、久弥が7歳の時です。昨年大坂に行って、この地を見てきました。現在は、大阪・土佐稲荷神社の一角に碑が残っています。

 父・弥太郎と母・喜勢との間の子は久弥と長姉・春路と、妹・磯路の3人です。でも久弥は10人兄弟の長男、弟は豊弥(養子)、秀弥、康弥、正弥の4人、姉妹は富子、雅子、照子の3人です。養子1人と庶子(本妻以外の子)が6人もいました。その全ての子を引き取り母・喜勢は育てました。成人してからの久弥はこの母の悲しみを忘れませんでした。やがて、三菱は東京に本社を移しましたので、1年半後、一家は東京へ移りました。湯島天神の隣の屋敷で、現在もレンガ塀の跡が残っているそうです。久弥は、姉・春路とともに、短期間ですが横浜のフランス女性(マダム・サラベル)の私塾に後藤象二郎の紹介で通い始めます。今回はここまで。次回は久弥がどんな人間として育っていくのでしょうか?(敬称略)
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

大磯歴史語り

大磯歴史語り

〈財閥編〉第9回「岩崎久弥」文・武井久江

1月8日号

大磯歴史語り

大磯歴史語り

〈財閥編〉

12月25日号

大磯歴史語り

大磯歴史語り

〈財閥編〉

12月11日号

大磯歴史語り

大磯歴史語り

〈財閥編〉

11月27日号

大磯歴史語り

大磯歴史語り

〈財閥編〉

11月13日号

大磯歴史語り

大磯歴史語り

〈財閥編〉

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    大磯歴史語り

    〈財閥編〉第9回「岩崎久弥」文・武井久江

    1月8日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク