大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 フードロス削減の野菜市が盛況 大磯 コロナ禍の地元農家を支援

経済

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena
地場産野菜の詰め合わせを販売した
地場産野菜の詰め合わせを販売した

 地場産野菜の即売会「大磯下町野菜マルシェ」が、2月20日と21日に大磯町の芦川酒店隣の駐車場で催された。コロナ禍で出荷先を失い、生産者が廃棄処分も検討していた野菜を販売できる場を作ろうと、民間有志が実行委員会を組織して初めて企画。町内外から多くの買い物客が訪れ、2日間で想定の1・5倍近くもの数を売り上げた。

地場産野菜の魅力再発見にも

 緊急事態宣言に伴う飲食店やホテルの休業・時短営業などで、苦境に立たされている農家は少なくない。同マルシェは、地元生産者を支援するとともに、フードロスの削減や地場産野菜の魅力の再発見などにつなげようと開かれた。人同士の接触時間を減らすため購入する野菜を選ばせず、地場産の野菜をランダムに詰め合わせた袋を販売する方法を採用。

 初日は時間前から多くの買い物客が会場に詰めかけたことから、混雑を防ぐため前倒しで販売を開始した。用意していた約100袋は1時間も経たないうちに完売。急きょ50袋を追加したが、こちらも瞬く間に売り切れた。翌日もほぼ同数を販売している。野菜を購入した80代の女性は「自分も家庭菜園をしているので、農家のやりきれない気持ちがよくわかる。少しでも助けになればと来た。地元で育った野菜を味わうのも楽しみ」と笑顔を浮かべた。

 同マルシェ実行委員会の飯島輝華実行委員長は「想像を超えるお客様の数に驚きと嬉しさの連続でした。行き場を失った野菜の救済に貢献できて良かった。これからも地域経済の活性化に繋がる活動を行っていきたい」と思いを語った。

 

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 社会

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月16日号

新緑にツツジ鮮やか 

新緑にツツジ鮮やか  社会

吾妻山公園で見ごろ

4月16日号

こゆるぎの風景描く

こゆるぎの風景描く 文化

住谷重光さん個展

4月16日号

一流の音色重ねて

一流の音色重ねて 文化

チェロとピアノの演奏会

4月16日号

健康祈願のJAHライブ

健康祈願のJAHライブ 文化

感染症対策徹底し開催

4月16日号

まちかど事件簿

まちかど事件簿 社会

大磯警察署・松田警察署

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter