大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

地元産米を子ども食堂へ JA湘南青壮年部が寄贈

社会

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena
地元産米を寄贈した=大磯町社会福祉協議会地元産米を寄贈した=大磯町社会福祉協議会
地元産米を寄贈した=大磯町社会福祉協議会地元産米を寄贈した=大磯町社会福祉協議会

 平塚・伊勢原・大磯・二宮の若手農家が所属するJA湘南青壮年部(細野悟委員長)が2月19日、地元で活動する「こども食堂」12カ所に米30kgずつを寄贈した。

 20〜40代の生産者72人が所属している同部。これまで幼稚園や小学校でのもみすり精米作業の実演や、保育園児へのプランター野菜作りの指導などを行ってきたが、昨年は新型コロナウイルスの感染拡大により、それらの活動を実施できなかったという。「何か地域貢献ができないか」と模索していたところ、コロナ禍で経済的に困窮する家庭が増加し、子どもたちに無料または安価で食事や居場所を提供している「こども食堂」の利用者が全国的に増えていることを耳にした。「子育て世代の多い青壮年部として、そんな状況を見過ごせない。お米を食べてもらうことでエールを送りたい」と米の寄贈を決めた。

子どもたちに笑顔を

 寄贈した米は県奨励品種の「はるみ」。19日に細野委員長や瀬下亮副委員長らが、各地のこども食堂運営事業者に計360kgを届けた。大磯でこども食堂を運営している大磯社会福祉協議会の竹内京三会長は「地元のおいしいお米。ありがたく使わせて頂きます」と感謝を述べた。自身も幼稚園と小学生の2児の父である細野委員長は「未来を担う子供たちにつらい思いをしてほしくないという部員の思いが一致した。地元で私たち農家が作ったお米を食べて、笑顔になってもらいたい。苦しい時期が続いているが、一緒に協力して頑張っていきたい」と思いを語った。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

まちかど事件簿

まちかど事件簿 社会

大磯警察署・松田警察署

5月13日号

触って祈願 時期尚早

触って祈願 時期尚早 文化

虎御石まつり今年も中止

5月13日号

海岸にハマヒルガオ

海岸にハマヒルガオ 社会

大磯「町の花」 見頃に

5月13日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

レアリア内特設ページで

5月13日号

思い出の一枚が変身

思い出の一枚が変身 文化

着物リメイク作品展

5月13日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook