大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

大磯歴史語り〈財閥編〉 第13回「岩崎久弥と長女・澤田美喜」文・武井久江

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena
ホームへ至る陽和洞
ホームへ至る陽和洞

 明治34年6月から11月にかけて久弥は欧米を視察していました。英国に留学する弟たちと、わが国建築界の先駆者の1人曽禰達蔵(明治23年三菱入社)を帯同して、一行は初航海の日本郵船の加賀丸でバンクーバーに渡っています。そんな頃、美喜は生まれました。名の謂れになった大祖母(美和)は三菱を興した祖父・弥太郎の母で良く出来た人でした。岩崎家に嫁してから死ぬ日まで毎日、日記を書き続けて当時「女に教育はいらぬ」と言われていた時に、半紙で綴じたものに筆で日記を書き続け、それが後々、岩崎家の家憲となりました。残念なことに、美喜が生まれる1年前に、現在の大磯のトンネル(陽和洞)を抜けた地で亡くなりました。祖母(喜勢)は、驚くべき忍耐強さと、どんな苦しみも顔に出さない人でした。美喜が嫁ぐまでの20年余りの間、祖母は夜、美喜を話し相手に古い話を繰り返し聞かせました。今日の彼女の道しるべともなり、人生観の基礎を作り上げました。エリザベス・サンダース・ホームを設立した時も、世間からは財閥のお嬢さんの我儘だの、思い付きだのと言われました。

 岩崎家の教育はとても厳しく、驚くほど質素です。物を無駄にしない事。物を大切にする事。それを作った人々に感謝を忘れない事。ホームの子どもたちの教育にも生きています。蚕も飼っていました。それは「蚕を飼って糸をとり、つむいで織ることをしなければ、絹の着物を着る資格が無いのだ」と、それも実践しました。現在のホームの事務所前あたりは、昔は桑畑でした。大叔父の弥之助が明治41年に亡くなった後、父・久弥が大磯の地を相続してからは、頻繁に大磯に行きました。美喜11歳の時、東京で百日咳が流行り、美喜をはじめ兄弟もその病にかかり、大磯へ静養に行った折、ある事がきっかけでキリスト教へと目覚めます。その思いは祖母の反対にあい、お茶の水の東京女子高等師範学校を15歳で退学させられます。祖母は、学校に行くことで異教徒に目覚めたと思い、心配のあまり自宅での勉強へと切り替えました。しかし、その思いは年頃になっても消えず、結婚相手の条件としてクリスチャンで外交官の澤田廉三に白羽の矢が立ちました。その後46歳の時、ホーム設立へと繋がり、その11年前に澤田美喜記念館の展示・隠れキリシタンの遺物収集を始めました。コロナで昨年の2月から約1年間、澤田美喜記念館の一般公開がありません。まだまだ目にしてないものがいっぱいあります。コロナ自粛解除後の公開を楽しみにしています。(敬称略)
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第27回「三井八郎右衛門高棟【6】」文・武井久江

10月8日号

落とした勝点は3か1か

ベルマガ通信

落とした勝点は3か1か

首位川崎相手に自滅

10月1日号

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第26回「三井八郎右衛門高棟【5】」文・武井久江

9月24日号

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第25回「三井八郎右衛門高棟【4】」文・武井久江

9月10日号

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第24回「三井八郎右衛門高棟【3】」文・武井久江

8月27日号

連敗を止めた主砲の頭

ベルマガ通信

連敗を止めた主砲の頭

残り13試合で残留を

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook