大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

大磯町 姉妹都市との絆つなぐ キャンプ座間司令官が訪問

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
ラシン市出身のマテルスキー大佐(左)と大磯の子どもたちが交流
ラシン市出身のマテルスキー大佐(左)と大磯の子どもたちが交流

 在日米陸軍司令部などが置かれているキャンプ座間の基地管理本部司令官トーマス・R・マテルスキー大佐が、3月26日に大磯町を訪れた。大佐は、大磯町と姉妹都市提携を結んでいる米国ウィスコンシン州ラシン市の出身。コロナ禍で交流の機会が失われている両市町の絆をつなごうと交流会が企画された。

 大磯では姉妹都市提携を結んでいるラシン市とデイトン市へ毎年交互に交換留学生を派遣してきたが、昨年は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて中止に。状況が好転しないことから今年も実施を断念した。そんな中、キャンプ座間から大磯町国際交流協会(春田奈緒美会長)へ、大佐が故郷にホームステイした学生たちの話に関心を持っていることや、戦後に混血孤児の養育に尽力し、隠れキリシタンの遺物収集にも取り組んだ澤田美喜の記念館も見学したいと提案があったことから、今回の交流会が実現した。

コロナ禍に負けず

 家族や広報室長らを伴い大磯町を訪れたマテルスキー大佐は、町役場で中崎久雄町長を表敬した後、澤田美喜記念館へ。同協会と、小学生から大学生までの「さざれ石学生英語ガイドボランティア」、町の観光キャラクターのいそべぇらが一行を歓迎した。

 子どもたちは英語で一人ずつ自己紹介をした後、江戸時代の踏み絵やマリア観音、刀の鍔に隠された十字架など記念館の展示物について説明。大佐らは興味深く聞き入り、笑顔で子どもたちの解説を称賛した。見学後は2階の礼拝堂で、元ラシン市派遣学生による体験談の発表やクイズ、大佐への質問などの交流の時間がもたれた。記念品も贈り合い、大佐は「すばらしい時間をありがとう。今度はキャンプ座間に遊びに来てください」と語り、春田会長は「これをきっかけに、コロナ禍でも姉妹都市との絆を深める活動を続けていきたい」と話している。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

副読本をデジタル化

小学校教科書

副読本をデジタル化 教育

沖田さんが大磯町に寄贈

3月26日号

空き家再生の人材を育成

大磯町

空き家再生の人材を育成 経済

事業運営や支援方法を習得

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

温かな彫刻30点

温かな彫刻30点

渋谷武美さんの小品展

4月2日~4月12日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク