大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

大磯港 2つの新施設が始動 賑わい創出の拠点めざす

経済

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
プレオープンしたOISO CONNECT
プレオープンしたOISO CONNECT

 大磯港に賑わい交流施設「OISO(オオイソ) CONNECT(コネクト)」と、プレジャーボートなどが接岸できるビジターバースがオープンしたことを祝う記念クルーズが4月3日に催された。町内外から多くの来場者が訪れ、相模湾の船旅と地元農水産物の買い物や食事を楽しんだ。

 「港版・道の駅」として整備されたコネクトは、地元農水産物などを扱う物販エリアとレストランからなる賑わい創出施設、獲れたてのシラスなども販売する漁協施設の複合施設。昨年12月に落成し、先行して漁協施設のみ稼働していた。3日にプレオープンし、17日(土)のグランドオープンを予定している。

 この日はプレオープンを心待ちにしていた来場者が開店前から行列を作り、手指消毒などの感染症対策をして入店。物販エリアに並ぶ地場産の野菜や果物、米やパン、飲料、ジャムなどの加工品などを手に取って次々に購入していった。店内には地元漁師が水揚げした鮮魚を放した生け簀もあり、加工も無料で受け付け。生け簀を覗き込み、親に魚の名前を尋ねる子どもの姿もあった。また、パンケーキや魚介を使ったパエリアなどのメニューが味わえる2階のレストランも盛況となり、海を眺めながら食事ができるテラス席が人気を呼んでいた。

長年の悲願

 クルーズ船は2階建て、82トンの「Sea Friend 8」。普段は横須賀で運航している。記念クルーズは1時間ごとに6回出航し、親子連れや年配の夫婦など幅広い層が乗船して30分の船旅を楽しんだ。航行中は船から見える景色についてガイドによる解説があり、船内のモニターで大磯町のPR動画も流された。大磯町内から参加した夫婦は「4歳の子どもたちは初めての船旅だったが、とても楽しんでいた」と笑顔で語った。

 大磯港周辺一帯は県内4カ所目の「みなとオアシス」に登録され、施設は町の周遊型観光の拠点となることが期待されている。中崎久雄町長は「港周辺の整備は長年の町の悲願。この日を迎えられたことをご協力頂いた多くの方々に感謝し、子どもたちが誇りを持てるまちづくりを進めていきたい」と語った。

ビジターバース新設記念でクルーズ船が出航
ビジターバース新設記念でクルーズ船が出航

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

副読本をデジタル化

小学校教科書

副読本をデジタル化 教育

沖田さんが大磯町に寄贈

3月26日号

空き家再生の人材を育成

大磯町

空き家再生の人材を育成 経済

事業運営や支援方法を習得

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter