大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

大磯歴史語り〈財閥編〉 第19回「住友寛一」文・武井久江

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena
住友家の「住友井桁」
住友家の「住友井桁」

 4大財閥の初回として、三菱財閥(始祖・岩崎弥太郎、弥之助、久弥、久弥の長女・澤田美喜)を語りましたが、これから語ります住友・三井・安田、さらに8大財閥・15大財閥と続くなかで、三菱だけ自分の姓を冠名にしていません。今回から三井に進もうと思っていたのですが、その前に少し住友について取り上げます。財閥編はあくまでも大磯に関わる、本宅を構えたり、別荘をもたれたりした方を皆様にお知らせする語りですが、今回の住友寛一は、厳密に言いますと財閥ではありません。何故かというと、父は住友本家・15代の住友吉左衛門友純(ともいと)、母は住友吉左衛門友親の長女・満寿の長男として生まれ、本来は16代を継ぐべき人でしたが、病弱で繊細なその性格故に大正5年(1916)に分家した人です。大磯には、昭和7年(1932)に東小磯池見堂近くに別荘を構えました。財閥を継いでおらず、住友財閥は大磯には住んでいませんので、住友寛一を外そうとも思いましたが、住友財閥は偉大な財閥ですので、変遷はお話したいと思いました。今後語る、三井財閥・11世北家・三井八郎右衛門高棟は城山公園に昭和23年まで住まわれていましたし、安田財閥・始祖・安田善次郎も大正10年まで王城山麓に住まわれていました。住友は寛一の弟が継承、16代当主となった住友吉左衛門友成です。伯父に徳大寺實則・西園寺公望(大磯に隣荘という別荘があります)がいます。寛一は芸術宗教に惹かれ、若くして絵画に傾倒したため、廃嫡されました。

 住友の始祖は、とても古く桓武天皇の曾孫・高望王の二十二代目の子・小太郎(忠重)が父の姓と名をとって「住友」の姓を称して室町将軍に仕えたのが始まりです。住友家には、住友家の「家祖」と、住友家の事業の「業祖」の2人がいます。住友政友(家祖)には一男一女があり、息子の政以には「富士屋」の跡を継がせ、娘の婿養子に蘇我理右衛門(業祖)の長子・理兵衛友以(住友友以)を迎えました。明治期に入って、住友事業は12代友親、その子13代友忠の下で営まれましたが、友親・友忠が1890年に相次いで亡くなります。ここで、男系相続者が途絶えてしまう悲運に見舞われます。次号で、もう1回だけ住友を語ります、何故かというと三井家に実は何人も住友家の女性たちが嫁いでいます。友純の妻・満寿の妹・楢光は、三井十一家の一つ「三井永坂町家」の八代目当主・三井高泰(守之助も大磯に別荘あり)に嫁いでいて、三井の5家と閨閥が拡がっているからです。(敬称略)
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第19回「住友寛一」文・武井久江

6月11日号

決定機ゼロの堅守みせる

ベルマガ通信

決定機ゼロの堅守みせる

J1第19節 VS ガンバ大阪

6月11日号

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第18回「岩崎久弥」文・武井久江

5月28日号

セットプレー2失点敗戦

ベルマガ通信

セットプレー2失点敗戦

苦手福岡相手に連敗

5月28日号

8戦無敗も止まる

ベルマガ通信

8戦無敗も止まる

J1第14節VS横浜FC

5月21日号

11戦無敗が大きな価値に

ベルマガ通信

11戦無敗が大きな価値に

タリクの復帰が最大の収穫だった

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter