大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

大磯歴史語り〈財閥編〉 第25回「三井八郎右衛門高棟【4】」文・武井久江

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
中上川彦次郎
中上川彦次郎

 1890年、時代の変革に遅れをとった三井銀行は、この難局を乗り切るため中上川彦次郎に白羽の矢を立て、彼は不良債権の整理から着手し、経営の近代化を図りました。改革を推進する人材を確保するため多くの学卒者(特に慶應義塾OBや新聞記者出身者)を中途採用しました。今まで政商的だった三井の空気は一変します。三井銀行の不良債権は、多くが政治家や有力者との癒着で回収不能となっていましたが、中上川は学卒者出身の行員を差し向けて厳しく督促し、断固として回収しました。三井家では、鉱山業に投機する事を禁止していましたが、工業立国近代化に寄与すべく、工業化路線を積極的に推し進めました。中上川は三井物産の下にあった鉱山事業を統括して1892年に三井鉱山合資会社を設立し、三井家同族が直接出資する形としました。中上川の工業化路線は、資産の保全を第一に考える三井家の批判を受け、晩年の中上川は孤立し、1901年(明治34年)に不遇のうちにこの世を去りました。前年に43歳になった高棟は、三井同族会の議長に就任しています。

 中上川の死後は、三井家と井上馨の信任が厚かった三井物産社長・益田孝が、事実上、三井財閥の総師となりました。益田孝(1848〜1938)は佐渡奉行所の役人の子として生まれ、父が箱館奉行所に抜擢された時、同所で英語を学びます。1863年に幕府が欧州使節団をフランスに派遣すると父に従って同行し、帰国後、幕府が倒れたため、横浜で商売を始めた時に、井上馨・五代友厚の推挙で造幣局に入ります。その後、井上と行動を共にし先収会社で貿易事業を始め、同社が1876年に三井物産になると事実上のトップになりました。益田は三井の事業を統括強化するため、1902年に三井家同族会に管理部を置きその専務理事となり、事業の再編・方針転換を行いました。益田は三井家同族会管理部を法人化して持ち株会社・三井合名会社を設立し、三井財閥の事業・組織を体系化した事を見届けて1914年に勇退。後任には、三井鉱山の団琢磨を推挙します。ここまで随分入り組んだお話になっていますが、どの財閥もそんなに簡単に維持管理が出来た訳ではありません。大きくなればなるほど、特に団は、三井本家当主・八郎右衛門高棟が団に並々ならぬ信頼を寄せ、口うるさい分家を抑えて団を支援していましたが、昭和7年に起きた血盟団事件の犠牲になり暗殺されました。この事がきっかけになり、高棟は現役を引退することになります。では次回。(敬称略)
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

晴天の秋空に友と別れ

ベルマガ通信

晴天の秋空に友と別れ

徳島戦惜敗、残留決定は最終節へ

12月3日号

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第30回「三井八郎右衛門高棟【9】」文・武井久江

11月26日号

残留争いのライバルに完勝

ベルマガ通信

残留争いのライバルに完勝

J1第36節 VS ベガルタ仙台

11月26日号

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第29回「三井八郎右衛門高棟【8】」文・武井久江

11月12日号

次節に繋ぐドロー

ベルマガ通信

次節に繋ぐドロー

J1第32節 VSサガン鳥栖

10月22日号

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第28回「三井八郎右衛門高棟【7】」文・武井久江

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

輸入生地の小物など展示

輸入生地の小物など展示

木版画家による手仕事作品

12月3日~12月20日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook