大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

大磯歴史語り〈財閥編〉 第27回「三井八郎右衛門高棟【6】」文・武井久江

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena
護国寺・池田成彬の墓
護国寺・池田成彬の墓

 池田成彬は、大正8年(1919年)に三井銀行筆頭常務理事(三井銀行の事実上のトップ)に就任しました。昭和8年(1933年、この年に高棟・現役引退)、三井合名筆頭常務理事に就任した池田は、財閥批判をかわすため「財閥転向」を実行しました。池田は、三井一族を直系会社の役員から退任させ、そして財団法人三井報恩会を設立し、社会貢献に努めることを発表しました。この間にも、社会的に批判を受ける業種もあり、三井財閥への批判を和らげるために、池田は高すぎる役員報酬を引き下げたり、持ち株の公開、重役の70歳定年制などを実行し、昭和11年(1936年)に自ら定めた定年制に従って退職しました。昭和12年日銀総裁を務めた後、翌13年大蔵大臣兼商工大臣等を歴任することになります。

 ここで、池田の大磯での活動や、関わりのあった人々のお話をして、次回から本来の三井八郎右衛門高棟について語ります。滄浪閣隣の建物は、大正6年に西園寺公望から買い取り、当時茅葺の隣荘(淘庵)は山手の池田農園敷地に移築されました。現存する建物は、昭和7年に竣工されましたので、来年で90年が経ちます。令和6年までには(明治記念大磯邸園の一部として)新しい利活用がされるようですので、楽しみです。池田農園は、西園寺邸を移築した後、大正11年に長男・成功(なりかつ)が戸越農園(三井財閥が海外からのお客様の接待のために世界から草花を集め栽培法を研究した農園)にいた五島八左衛門と出会って、この大磯の地でメロン・シクラメン・洋ランなど海外から種子を輸入し品種改良の交配などを行っていました。母(池田成彬の妻・艶)の名前を付けたラン「ツヤ・イケダ・コイソ」「ナリカツ・イケダ」等は有名です。ランに関わる図譜約500点、収集したラン類約200株は、生まれ故郷(成彬)の山形県に寄贈され、寄贈品は山形県立博物館に、栽培が必要なものは米沢市にあった白布温泉植物園から山形県立村山産業高等学校で管理されていました。大磯の文化村と呼ばれていた場所は、現在は住宅地となっています。池田は大臣などを歴任した後、戦時中は吉田茂・樺山愛助・原田熊雄などと、早期終戦工作(吉田戦争反対、別名・ヨハンセングループ)を行い、昭和25年三井財閥の仕事を最後に、83歳の生涯を終えました。彼の名を成彬(せいひん)と呼ぶ方もあるぐらい老年はつつましい暮らしでした。護国寺のお墓もとても質素な感じでした。ご冥福をお祈りします。では次回。(敬称略)

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

次節に繋ぐドロー

ベルマガ通信

次節に繋ぐドロー

J1第32節 VSサガン鳥栖

10月22日号

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第28回「三井八郎右衛門高棟【7】」文・武井久江

10月22日号

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第27回「三井八郎右衛門高棟【6】」文・武井久江

10月8日号

落とした勝点は3か1か

ベルマガ通信

落とした勝点は3か1か

首位川崎相手に自滅

10月1日号

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第26回「三井八郎右衛門高棟【5】」文・武井久江

9月24日号

大磯歴史語り〈財閥編〉

大磯歴史語り〈財閥編〉

第25回「三井八郎右衛門高棟【4】」文・武井久江

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook