大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

仕上がり上々 旬の味覚 大磯の大玉柿

経済

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
鈴木農園の鈴木教夫さん
鈴木農園の鈴木教夫さん

 大磯特産の大玉柿が、秋空の下でずっしりと成長した橙色の果実を実らせている。生産量が少ないため市場には出回らず、直売や宅配が中心となっているが「大きくて甘い、知る人ぞ知る逸品」として、この季節を狙って購入に訪れる町外のファンも多い。

 大磯では大生産地との差別化を図るため、40年以上前から生産者が県の園芸試験場と研究を重ねて大玉の柿づくりに取り組んできた。一つひとつ手作業で摘蕾・摘果を行って厳選した果実に養分を集中させることで、通常の柿の1・5〜2倍もの大きさに育てる。手間はかかるが「見栄えが良く、甘くてジューシーな味わいは他の生産地に負けない自信があります」と、地元生産者でつくる大磯町落葉果樹研究会の鈴木教夫会長(鈴木農園)。今年は夏から秋にかけて雨が多く、収穫前に落果してしまうものもあったが「果実の出来は上々。ぜひ味わってもらいたい」と鈴木会長も太鼓判を押す。

 品種により収穫期は異なるが、11月はとろけるような甘みが特徴の「富有」が最盛期の半ばを迎えている。生産農家の連絡先は、町のホームページで確認できる。販売は11月末頃まで。

 かつては20軒近い生産者がいた大玉柿だが、高齢化による離農が進み、現在は半分ほどに減った。鈴木会長は「毎年楽しみにしてくれている人たちのためにも、生産を続けていきたい」と、新しい技術の導入や後進の育成に力を注いでいる。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

近隣市から参加も

近隣市から参加も 社会

大磯町で体験ツアー

12月3日号

教育委員に末續選手

教育委員に末續選手 政治

大磯町議会 12月定例会

12月3日号

想像力豊かに表現170点

想像力豊かに表現170点 文化

二宮町図書館で子ども作品展

12月3日号

優良農産物を寄付

優良農産物を寄付 経済

二宮町の品評会に111点

12月3日号

NDC教育の成果披露

NDC教育の成果披露 教育

国際的イベントで大磯町

12月3日号

まちかど事件簿

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ブルボンヌさんが講演

ブルボンヌさんが講演

人権テーマに中井町で

12月4日~12月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook