大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

大磯町 美郷町と地域活性化協定 鳥獣害対策を機に連携

経済

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする中崎大磯町長と嘉戸美郷町長
協定書を手にする中崎大磯町長と嘉戸美郷町長

 大磯町と島根県美郷町が、11月10日に地域活性化に向けた包括連携協定を締結した。鳥獣害対策をきっかけに交流を深め、それぞれが持つノウハウやネットワークを提供し合うことで町が抱える課題の解決や経済振興、地域活性化などにつなげていく。

 美郷町は島根県の中央部に位置する人口約4400人の山あいの町。近年、町ぐるみの鳥獣害対策やジビエなど害獣資源化の取り組みの先進地として注目され、全国から多数の視察が訪れている。大磯町では美郷町から専門家を招いた鳥獣対策講習会を2015年度から実施しており、被害対策で一定の効果を上げたことで教材や農業系雑誌に取り上げられたこともある。こうした縁から19年に美郷町長が大磯を訪れ、大磯町長と今後の連携などについて話し合っていた。

相乗効果に期待

 協定はそれぞれの町で進められている地域活性化に向けた住民や事業者の動きを支援するためのもので、鳥獣対策の先進的技術・知識・人脈を集積して産官学民で地域おこしに取り組む美郷町の「美郷バレー」と、町や地元事業者らでつくる大磯町の「大磯らしい潤いづくり協議会」が連携して事業を展開していく。大磯町は鳥獣対策のノウハウ導入による鳥獣被害・捕獲経費の削減、美郷町には首都圏での特産品の販路拡大や獣害研修の受け入れによる来訪者の増加などのメリットがあり、コラボ商品の開発や観光誘客の相互連携などの相乗効果も期待されている。美郷町はこれまでに同様の協定を2市と締結しているが、関東の自治体は大磯が初めて。

 大磯の持つ海のイメージと美郷バレーから、別称「ビーチ&バレー協定」と名付けられたこの協定。11月10日に美郷町で締結式が開かれ、中崎久雄大磯町長と嘉戸隆美郷町長が協定書にサインした。中崎町長は「住民が地域を愛して獣害対策に取り組む姿をお手本にして、交流を進めていきたい」と話し、嘉戸町長もこの日のフェイスブックに「住民も交えた地に足のついた連携、交流をしていきたい」と綴っている。また協定締結に合わせて、大磯港のOISO CONNECTで美郷町のジビエ缶詰の販売が始まった。

マイナスをプラスに

 鳥獣害対策は、大磯町積年の悩み。町は農作物の被害を防ぐために設置する罠の維持管理や捕獲した獣の最終処分などの委託費として年間約500万円を負担している。担当課は「美郷町を参考に持続可能な大磯モデルを確立し、マイナスをゼロからプラスに変えていきたい」と話している。

コネクトで販売が始まった美郷町のジビエ缶詰
コネクトで販売が始まった美郷町のジビエ缶詰

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

ハザードマップ多言語化

ハザードマップ多言語化 社会

中井町 外国人へ防災情報

11月26日号

新名物なるか「大磯早ずし」

新名物なるか「大磯早ずし」 経済

未利用食材を有効活用

11月26日号

交流食堂へピザ提供

交流食堂へピザ提供 社会

ピザーラが地域貢献

11月19日号

美郷町と地域活性化協定

大磯町

美郷町と地域活性化協定 経済

鳥獣害対策を機に連携

11月19日号

河川プラごみ 空から発見

河川プラごみ 空から発見 社会

不法投棄対策にドローン

11月12日号

2年ぶり 大地震想定訓練

大磯町

2年ぶり 大地震想定訓練 社会

ワクチン接種会場でも

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ブルボンヌさんが講演

ブルボンヌさんが講演

人権テーマに中井町で

12月4日~12月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook