大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

梅屋本館 9月に閉館へ 老朽化に伴い営業断念

経済

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena
ユーユー梅屋本館
ユーユー梅屋本館

 平塚駅北口前の「ユーユー梅屋本館」が、今年9月下旬に閉館する。株式会社梅屋の代表取締役を務める濱田八千代氏(46)が4月19日、本紙の取材で明らかにした。老朽化で、施設の維持が困難になったことが理由という。1963年に梅屋百貨店本館として建てられた同館は、2011年に百貨店営業を終了。テナントビルとして営業していたが、9月下旬で完全閉店となる。

 濱田氏によると、施設の老朽化に伴い空調設備などの修繕、バリアフリー面を考慮した施設整備など、利用者や従業員が安全で快適に利用できる環境を整えることが困難であることが閉館の理由だという。

 濱田氏は、駅前に掲げる看板を下ろすのは勇気がいる決断だったと話し、「館内に下りエスカレーターがないなど、使いづらい場面も多い中、古くから地域の皆様にご愛顧いただけて本当にありがたい」と感謝を述べた。

商都の象徴惜しむ声も

 1907(明治40)年に小売店として創業した梅屋は、1963年に現在の建物を新築し梅屋百貨店として営業を開始。大磯や茅ヶ崎など近隣市町からも多くの買い物客が訪れ、「商都ひらつか」を象徴する存在となった。2011年に百貨店経営を終了し、翌年からテナントビル「ユーユー梅屋」として再スタート。58年にわたり、平塚駅前の移り変わりを見守ってきた。平塚市商店街連合会会長で、平塚商工会議所会頭の常盤卓嗣さんは「高島屋、松坂屋など百貨店を呼ぶとき普通はそのままだが、平塚市民は梅屋を『梅屋さん』と呼ぶ。呼称からもわかるほど、市民から愛されている店が閉店するのは残念」と話した。

 本館閉館後も、駅前館の営業は継続するという。梅屋本館の土地・建物はマンション事業を得意とする不動産会社が所有しており、その後の土地利用は所有会社によって決定される。

七夕飾りの掲出はせず

 梅屋はこれまで、湘南ひらつか七夕まつりで大型の飾りを掲出し、特選の受賞歴を持つなど、七夕の顔としても存在感を放っていた。今回の閉館に伴い、今年3年ぶりに開催される七夕まつりでの飾りの掲出は行わないという。濱田氏は「今回は第70回という記念すべき時だが、作り手の高齢化もあり、残念ながら断念することにした」と惜しんだ。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

「移住に関心」12組を案内

「移住に関心」12組を案内 社会

大磯町でツアーと交流会

5月27日号

対面とオンラインを併用

対面とオンラインを併用 政治

大磯町で卓話集会

5月27日号

まちかど事件簿

10回記念の演奏会

10回記念の演奏会 文化

西湘フィル管弦楽団

5月27日号

町民と意見交換

町民と意見交換 政治

大磯町で議会報告会

5月27日号

小林さんが2年連続V

アマゴルフ高校生の部

小林さんが2年連続V スポーツ

上級生との接戦制す

5月27日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元プロがサッカー指導

元プロがサッカー指導

中井町でスポーツイベント

6月5日~6月5日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook