大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

大磯白キス投釣大会 釣り竿ずらり待望の復活 ファン206人が参加

文化

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena
釣り人が海岸を埋め尽くした
釣り人が海岸を埋め尽くした

 時間内に釣り上げた白キスの体長を競う「大磯白キス投釣大会」が、6月12日に大磯こゆるぎ海岸で催された。1949年に第1回が開かれて以降、大磯で最も古い釣りイベントとして釣りファンから時代を超えて愛されてきた同大会。コロナ禍で開催が見送られ続け、今回3年ぶりの復活を果たした。

 73回目を迎えた今大会には、前回(2019年)の1.5倍を数える206人がエントリー。10代から80歳代までの参加者が海岸を埋め尽くして相模湾に竿を振るった。小田原から参加した50代の男性は「大会の復活を聞いて有休をとって参加した。他の魚は釣れたけれど、肝心の白キスが釣れない。なんとか1匹を確保したい」と久々の大会を楽しんでいた。

 優勝したのは、19.9cmを釣り上げた寒川町在住の秦泉寺静樹さん(33)。大会を主催した大磯町観光協会の石井晴夫会長からトロフィーと副賞のリールなどを贈られた秦泉寺さんは「優勝できたことに誰よりもビックリしている。なるべく人がいないポイントを狙ったことが良かったのかも」と喜びを語った。なお今回は釣り具メーカーのダイワが運営スタッフに人員を提供するなど、協賛企業や団体が縁の下から大会を支えた。

石井会長(左)と優勝した秦泉寺さん
石井会長(左)と優勝した秦泉寺さん

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

太極拳で健康に

太極拳で健康に スポーツ

大磯で無料体験会

6月24日号

六所神社に縁起木

六所神社に縁起木 社会

千両・万両を植樹

6月24日号

SDGsは”生活の質”を高めてくれるもの

〈冨永 愛さんスペシャルインタビュー〉

SDGsは”生活の質”を高めてくれるもの 社会

6月24日号

まちかど事件簿

釣り竿ずらり待望の復活

大磯白キス投釣大会

釣り竿ずらり待望の復活 文化

ファン206人が参加

6月24日号

同日選挙求め署名運動

同日選挙求め署名運動 政治

大磯の町民団体 請願にむけ

6月24日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook