大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

丹精込めた梅 今年も豊作  中井町 小嶋さんの農園

経済

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena
日光を浴びてほんのりと紅色がさした、小嶋さんの農園の梅=中井町松本、6月上旬撮影
日光を浴びてほんのりと紅色がさした、小嶋さんの農園の梅=中井町松本、6月上旬撮影

 中井町松本で、県西地域の特産品である梅の収穫が終盤を迎えた。小嶋吉治さんと幸枝さん夫妻の農園では、おもに梅酒や梅シロップに使われる品種「白加賀」の収穫が5月下旬に始まり、6月初旬からは梅干し用の「南高」と「十郎」の出荷に大忙し。傷をつけないよう、ひと粒ずつ丁寧に実をもぎ、変色や黒い斑点の有無などを確認してMサイズ以上のものを市場へ送り出している。作柄は例年並みに良好で豊作だという。

 約30年前、価格が暴落したみかんに代わる農作物を栽培するため、吉治さんの父が梅の木を植えた。現在は消防の仕事を定年退職した吉治さんが農業に従事。30本以上の梅の木を管理し、約4トンの実を生産している。

 日当たりを良くする夏の剪定と樹形を整える冬の剪定、施肥や下草刈り、春の摘果、収穫と、一年中いとまはないが、吉治さんは「毎年梅ができるのを待っているお客さんがいて、やりがいがある」と話す。幸枝さんも「愛情をかけて育てないと、いいものが作れませんから」と笑顔でうなずいた。

 収穫は6月いっぱいごろまで。小嶋さんの梅は二宮町内のスーパーマーケット「わくわく広場」でも販売している。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

太極拳で健康に

太極拳で健康に スポーツ

大磯で無料体験会

6月24日号

六所神社に縁起木

六所神社に縁起木 社会

千両・万両を植樹

6月24日号

SDGsは”生活の質”を高めてくれるもの

〈冨永 愛さんスペシャルインタビュー〉

SDGsは”生活の質”を高めてくれるもの 社会

6月24日号

まちかど事件簿

釣り竿ずらり待望の復活

大磯白キス投釣大会

釣り竿ずらり待望の復活 文化

ファン206人が参加

6月24日号

同日選挙求め署名運動

同日選挙求め署名運動 政治

大磯の町民団体 請願にむけ

6月24日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook