神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

本紙自治体アンケート ふるさと納税「改善を」8割 現行制度の継続 3町で賛否

政治

公開:2023年2月17日

  • X
  • LINE
  • hatena

 タウンニュース社では「ふるさと納税」に対する県内自治体の受け止めなどを探るアンケート調査を実施した。その結果、現行の制度について、県内33市町村のうち本紙発行エリア(大磯町・二宮町・中井町)を含む8割の自治体で、何らかの改善を希望していることなどが明らかになった。

 アンケートは昨年12月に県内33自治体を対象にしたもので、すべての自治体から回答があった。

 現行制度に対し、「改善してほしい点があるか」の質問について「はい」と答えたのは、大磯・二宮・中井を含む27自治体で、81・8%を占めた。背景には納税で寄付を受けた分から税収が減った分や経費を差し引いた収支が、多くの自治体で赤字となっている実態などが影響していると思われる。

 制度の改善(複数回答可)を求める27自治体のうち、「返礼品競争などで自治体の応援という本来の趣旨から外れている」が大磯・二宮・中井を含む21自治体と最も多く、次いで「寄付金額が安定しない」が二宮町を含む4自治体。自由回答では、返礼品に関する「地場産品の基準の明確化」、「経費の見直し」、地方交付税の不交付団体である鎌倉市からは「流出する市税の補填」を求める声などが上がった。一方で逗子市、秦野市、箱根町、真鶴町、湯河原町、清川村の6自治体は「改善してほしい点はない」と答えた。

 ふるさと納税が自治体財政に与える影響が大きいと感じているかについては、大磯・二宮・中井を含む30自治体が「はい」で、3自治体が「どちらでもない」との回答だった。

 現行制度の継続については、中井町など12自治体が「望む」、二宮町など5自治体が「望まない」、大磯町など16自治体が「どちらとも言えない」と答えた。制度の賛否にかかわらず、多くの自治体で地域のPRや産業の活性化について一定の効果があるとしているものの、税収における地域格差の拡大や、それに伴う行政サービス低下を危惧する声も多数を占めた。継続を望まないと回答した二宮町は「ふるさと納税による収入よりも、本来町税として収入されるべき町税が税額控除されてしまう金額が大きすぎる」と回答理由を語っている。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

絵本で地元の魅力発信

大磯中学校

絵本で地元の魅力発信

生徒有志が図書館に寄贈

4月19日

新名物に「高麗キムチ」

大磯町

新名物に「高麗キムチ」

地名から縁広げ商品化

4月19日

大磯在住 勝倉さん世界V

障害者プロサーファー

大磯在住 勝倉さん世界V

グランドチャンピオン目指す

4月12日

コロナ経て秘仏開帳

大磯町慶覚院

コロナ経て秘仏開帳

稚児行列も実施

4月12日

地元二宮でMV撮影

HANDSIGN

地元二宮でMV撮影

町民ら150人がエキストラ

4月5日

拾ったごみは「海箱」へ

拾ったごみは「海箱」へ

大磯サーフィン協会が設置

4月5日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook