神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

県政報告さと通信No.8 お年寄りがいつまでも住み続けられる街であるために 神奈川県議会議員 吉川さとし

公開:2023年12月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

 県議会の共生社会推進特別委員会が10月3日に開かれ、来年4月に改訂を予定している「かながわ高齢者保健福祉計画」について質問しました。

 同計画は、老人福祉法に基づく老人福祉計画と介護保険法に基づく介護保険事業支援計画を一体化した県の計画です。神奈川県内のどこに住んでいても、必要な人が必要な介護サービスを受けられるよう、広域的な観点から目を配ることが県として大切です。

 介護保険制度の中にはいつまでも住み慣れた地域や自宅などで高齢者の方が暮らせるように小規模多機能型居宅介護などを含む「地域密着型サービス」があります。定期巡回・随時対応型訪問介護看護も地域密着型サービスの一つですが、大磯や二宮のような小規模市町村では採算面などから「事業所の参入がなかなかできない」「手が上がらない」といった課題があります。これは地域密着型サービスが原則として事業所所在地の市町村の住民しか利用できないという制度上の制約があることも一因です。サービスを必要とする高齢者がサービスを受けることができていない現状があります。

 そこで今回、「一つ一つの市町村ではニーズが小さい場合でも、広域では採算ベースに乗ることが考えられる場合、複数の市町村の住民が一つの事業所のサービスを利用できないのか」と私は質問・提案いたしました。高齢福祉課長からは「事業所が所在する市町村が同意すれば一つの地域密着型サービス事業所を複数市町の住民が利用することは可能である」との答弁をいただきました。

 また、県としては市町村間連携のための調整役をしっかり担う必要があると提言いたしました。安心して暮らせる大磯二宮のため、引き続き県政に声を届けていきます。

吉川 諭

satoshi1982yoshikawa@gmail.com

大磯・二宮・中井版の意見広告・議会報告最新6

施設から地域へ、中井やまゆり園の今

県政報告さと通信No.13

施設から地域へ、中井やまゆり園の今

神奈川県議会議員 吉川さとし

2月16日

ライフラインの"水"を守る県の取り組みについて

県政報告さと通信No.12

ライフラインの"水"を守る県の取り組みについて

神奈川県議会議員 吉川さとし

2月2日

能登半島地震への県の取り組み

さと通信No.11 県政報告

能登半島地震への県の取り組み

神奈川県議会議員 吉川さとし

1月19日

保険証廃止の疑問にお答えします

保険証廃止の疑問にお答えします

河野太郎 デジタル大臣×牧島かれん前デジタル大臣×盛宏明

1月5日

袖が浦プールなど地域資源の活用を

袖が浦プールなど地域資源の活用を

二宮町議会議員 浜井直彦

1月1日

独自政策で人口減に歯止め

独自政策で人口減に歯止め

中井町議会議員 井上泰弘

1月1日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

  • 1月26日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook