神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

「大磯小桜会」が発足 苗木など配布し20年

社会

公開:2024年2月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
大磯小桜会の発足当日の様子(同会提供)
大磯小桜会の発足当日の様子(同会提供)

 大磯町の桜「大磯小桜」の苗木を配布するなどして普及活動を行ってきた齊藤廣昭さんが1月7日、これまで活動を共にしてきた仲間たちと「大磯小桜会」を発足させた。大磯小桜は2020年に園芸品種登録され、大磯を中心に約160本が植樹されている。

 大磯小桜は、齊藤さんが福島県福島市瀬上町の実家の桜を大磯でも咲かせようと苗木を育てたもの。「変わった桜だと思っていた」と齊藤さんが振り返るように、小さく可憐な花が枝に絡みつくように密生して咲く姿が特徴だ。齊藤さんが20年以上前から育成に取り組み、2020年に公益財団法人 日本花の会により新たな園芸品種に認定された。例年、苗木を無料配布しており、管理などは町内で造園業を営む同会の辻丸宜邦さんが協力している。

 会を発足した経緯には、「孫の代まで、何十年と『大磯小桜』を引き継ぎたい」という思いが込められている。齊藤さんは「桜はどうしても開花までに時間がかかるもの。最盛期を迎えるまでには何十年もかかるかも。一番最初に植えた大磯運動公園の大磯小桜がちょうど今年あたり綺麗に咲き揃うと思うので楽しみ」と笑顔を見せていた。開花は3月下旬。

 問い合わせは、齊藤さん【携帯電話】090・1254・4060、辻丸さん【電話】0463・73・4919。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

私設「棚」図書館スタート

大磯駅前「つきやま」

私設「棚」図書館スタート

本好きの関わり育む

2月23日

新年度当初予算案を発表

大磯町二宮町中井町

新年度当初予算案を発表

3月定例会で審議

2月23日

新型コロナ5週連続増

平塚保険福祉事務所管内

新型コロナ5週連続増

手洗い、マスクなど予防を

2月16日

3町からも被災地へ

能登半島地震職員派遣

3町からも被災地へ

避難所で仕分けなど従事

2月16日

「大磯小桜会」が発足

「大磯小桜会」が発足

苗木など配布し20年

2月9日

定置網漁船「いそかぜ」操業

大磯二宮漁協

定置網漁船「いそかぜ」操業

魚種の拡大などに期待

2月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

  • 1月26日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook