神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

拾ったごみは「海箱」へ 大磯サーフィン協会が設置

社会

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
大磯北浜海岸に設置されている「海箱」
大磯北浜海岸に設置されている「海箱」

 大磯サーフィン協会(柏原亮介代表)と大磯町がこのほど、大磯北浜海岸の利用者に拾ったごみを捨ててもらうための「海箱」を3カ所に設置した。柏原代表は「ごみ拾いをサーファーのカルチャーではなくビーチのカルチャーにしたい」と話す。

 大磯サーフィン協会ではこれまでも北浜海岸で月1回のビーチクリーンを開催してきた。SDGsの考え方が広まったこともあり、2、3年前からは特に参加者も増え、今では毎回100人ほどのサーファーやダイバー、海に親しむ地元住民らが活動に取り組んでいる。

 柏原代表は「大磯の人たちは、自分たちの海は自分たちで守ろう、次世代につなげようという思いが強い町。これから暖かくなりたくさんの人が海を訪れるので、皆さんにも気軽に拾ってもらい、海をきれいにしてほしい」と話す。

 海箱の中身は、柏原代表自ら回収し、処分している。多いのはきれいな状態の缶や吸い殻などだという。「海から上がってきたごみなら、缶はつぶれているはず。砂浜で捨てられたものも多い。あくまでごみは持ち帰るもの。海箱には海をきれいにするために拾ったものを捨ててほしい」と呼び掛けていた。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

高麗の歴史 ポップに紹介

大磯町の年名さん

高麗の歴史 ポップに紹介

「こまねこPress」発行中

5月24日

竹灯篭、幻想的に

中井町

竹灯篭、幻想的に

あす5月25日に「夕べ」開催

5月24日

よさこいの熱気、今年も

よさこいの熱気、今年も

2会場で6月2日開催

5月23日

週末は「本」に浸ろう

大磯町

週末は「本」に浸ろう

ブックマルシェ18日、19日開催

5月17日

朝鮮通信使から見る宿場

大磯町郷土資料館

朝鮮通信使から見る宿場

兵庫県の市民団体が展示協力

5月17日

後期 きょうスタート

大磯オープンガーデン

後期 きょうスタート

花の変化楽しむ 12日まで

5月10日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook