神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

障害者プロサーファー 大磯在住 勝倉さん世界V グランドチャンピオン目指す

スポーツ

公開:2024年4月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
優勝の盾を持つ勝倉さん
優勝の盾を持つ勝倉さん

 大磯町東町在住の勝倉直道さん(60)が、3月17日から22日までオーストラリア・バイロンベイで開催された障害者サーファーの国際大会「ブラックモアズ・オーストラリアン・プロ・アダプティブ・サーフィン・チャンピオンシップ」のスタンド3の階級で優勝した。勝倉さんは「念願の金メダル。仲間におめでとうと言われた時には、思わず涙ぐんでしまった」と笑顔を見せる。

 勝倉さんは29歳の時にバイク事故で大やけどを負い、足首の動く範囲が限られる障害がある。両足に可動制限のある選手などの階級「スタンド3」にショートボードで出場した。

 同大会は、国際的な4大大会の一つとして知られる障害者プロサーファーの大会。5月にハワイ、6月にコスタリカ、9月にアメリカでの開催が控えている。

 4大会のスコアで総合優勝すると、グランドチャンピオンに。勝倉さんは「2024年最初の大会で優勝でき、幸先良いスタート。次も優勝できればかなり確率は高くなる」と、グランドチャンピオンを目指し5月のハワイ大会を見据える。

 大会前に2カ月ほど、皮膚移植のために入院していたという勝倉さん。ほとんど海に入ることができなかったというが、大会では「健常者でも難しい」と言われるほどのあちこちから押し寄せる小さな波に乗り続け、高得点を何度もたたき出した。勝倉さんは、「こればかりは経験値。高スコアを狙い、波に乗り続けることを心掛けた」と振り返る。

 配信サイトに掲載されている大会動画の中には、勝倉さんのスキルに驚き、歓喜する解説の男性たちの音声が入っている。「ここまで盛り上がってくれるとうれしい。同じ階級の選手たちで切磋琢磨して技術を磨いてきた成果だと思う」と勝倉さんは照れ臭そうに笑う。「みんなそれぞれに障害があるけれど、ものすごくかっこいいサーフィンをします。地元大磯でも、もっともっと盛り上げていきたい」と意気込んだ。

 勝倉さんは今後、グランドチャンピオンのほか、11月にアメリカで開催される世界大会、2028年の米・ロサンゼルスパラ五輪の出場も目指していく。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

高麗の歴史 ポップに紹介

大磯町の年名さん

高麗の歴史 ポップに紹介

「こまねこPress」発行中

5月24日

竹灯篭、幻想的に

中井町

竹灯篭、幻想的に

あす5月25日に「夕べ」開催

5月24日

よさこいの熱気、今年も

よさこいの熱気、今年も

2会場で6月2日開催

5月23日

週末は「本」に浸ろう

大磯町

週末は「本」に浸ろう

ブックマルシェ18日、19日開催

5月17日

朝鮮通信使から見る宿場

大磯町郷土資料館

朝鮮通信使から見る宿場

兵庫県の市民団体が展示協力

5月17日

後期 きょうスタート

大磯オープンガーデン

後期 きょうスタート

花の変化楽しむ 12日まで

5月10日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook