神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

大磯町 「ヤッホー」居場所の合言葉 20日はイベントも

教育

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
小柴さん(左)と中村さん
小柴さん(左)と中村さん

 大磯町東小磯在住の小柴舞子さん(45)と大磯町大磯在住の中村圭さん(46)が中心となって運営するコミュニティースペース「ヤッホー」(大磯1350の1)=旧地域センターまんてん=で4月20日(土)、子どもたちが企画するワークショップや出店が並ぶ「ヤッホー横丁」が開催される。午前10時〜午後4時。雨天時の対応はインスタグラムで確認を。

 ヤッホーは毎週月、水、金曜日に開いている子どもと地域のためのコミュニティースぺース。学校に行けない、行かないなどの選択をした子どもたちの日中の居場所としての「ほとり」(午前9時30分〜午後2時)と、子ども無料、大人は有料で利用できるこども食堂「ヤッホー食堂」(午前11時30分〜午後3時)、放課後フリースぺース「ヤッホー」(午後2時30分〜午後5時30分)の3つの役割を時間別で担っている。その他月1回、公認心理士の相談予約も可能。元中学校教諭でもある小柴さんは「子どもをまん中に、多世代が関われる場所にしていきたい」と話す。

多世代でつながる

 名前の由来は中村さんの口癖から。「ヤッホーと声をかけると、子どもも大人も反射的に『ヤッホー』と返してくれる。楽しく呼応し合える魔法の言葉」と中村さん。「山中にいる仲間に自分の居場所を知らせる言葉」という成り立ちにも親和性を感じたという。

 子育て当事者でもある2人は「子どもたちが安心して足を運べ、地域の人も出入りできる、子どもたちをみんなで見守れる場所があったらいいのに」という共通の思いのもと、2022年10月に一般社団法人やっほーを設立。活動拠点を探す傍ら、月1回ほどビーチクリーンやワークショップを開催してきた。大磯町社会福祉協議会や企業、団体の助成や寄付を受けながら、23年10月から現在の建物を有償で借り、拠点としている。

 町内の小学生から高校生が利用中。得意な制作活動を深めたり、ヤッホーに足を運ぶ習慣により生活リズムが整ったり、子どもたちの変化はさまざまだ。

 ヤッホー食堂は、定食1食につき大人1千円で、子どもの食券1食分の寄付が含まれる。

繰り返し使える手作りの食券
繰り返し使える手作りの食券

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

二宮駅南口を巡ろう

二宮駅南口を巡ろう

5月26日まで「散歩」企画

5月24日

喬友会が声楽コンサート

喬友会が声楽コンサート

6月8日 ラディアンで

5月24日

おいでよ石神台マルシェ

大磯町

おいでよ石神台マルシェ

地元有志で企画

5月24日

ごみゼロへ海岸清掃

二宮町

ごみゼロへ海岸清掃

5月25日に開催

5月24日

町内2小でアサガオ種植え

町内2小でアサガオ種植え

中井LCが栽培キット寄贈

5月24日

県民ゴルフデー

名門程ヶ谷CC

県民ゴルフデー

7・8月対象日が特別料金

5月24日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook