神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

(株)古川 スポーツ通じ、地域貢献 売電収益 湘南BFに寄付

経済

公開:2015年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
(左から)エネ経会議・小山田大和事務局長、(株)古川・古川剛士代表取締役、湘南BF・水谷尚人代表
(左から)エネ経会議・小山田大和事務局長、(株)古川・古川剛士代表取締役、湘南BF・水谷尚人代表

 市内寿町のエネルギー関連企業、株式会社古川(古川剛士代表取締役)は5月10日、湘南ベルマーレフットサルクラブ(水谷尚人代表、以下、湘南BF)と地域貢献パートナーシップを締結すると発表した。

 パートナーシップは、古川が運営する大井町のメガソーラー発電所の売電収益から年間発電量1kwhにつき1円を湘南BFに寄付。湘南BFは、寄付金を原資に地域貢献活動を行うというもの。2014年度の年間発電量は約284万4500kwhだったので、284万円強が寄付されることになる。寄付は、前年度の発電量に応じて毎年行われることから、湘南BFにとっては、まとまった資金源を得たことになる。

 湘南BFは地域貢献事業として、現在小田原市内で続けている小学校への巡回授業を2市8町に拡大するほか、小中学生や福祉施設などからホームゲームへの招待事業などを行っていく。

 古川社長はメガソーラー発電所建設以後、地元の小・中学生を対象に施設見学会を開くなど、地域貢献事業を行ってきた。稼働から1年経過したのを受け、さらに地域貢献事業を力強く推進するため、湘南BFを支援することにしたという。今回の支援について古川社長は「強くなってもらうのが一番の地域貢献。(寄付金は)チームの強化費としても有効活用してほしい」と発破をかけた。

 今回「エネルギー」をキーワードに両者を繋いだのが、一般社団法人エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(鈴木悌介代表理事)。同会議の小山田大和事務局長は「再生可能エネルギーを手掛ける事業者がスポーツを通じて、地域へ還元するモデルケースになる。将来、電力自由化になった際に、地域スポーツへの貢献度合いでエネルギーを選ぶ時代になるのでは」とその意義を話す。湘南BFの水谷代表も「このような動きは、他のクラブにも伝えていきたい」と約束した。

きらめきの丘おおい
きらめきの丘おおい

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

過去最大の1997億円

小田原市当初予算案

過去最大の1997億円

大規模災害の備えも

2月17日

作品展示で「魅力知って」

小田原市 民生委員児童委員

作品展示で「魅力知って」

担い手不足 新手法で対策

2月17日

11年ぶりに最優秀受賞

広報小田原

11年ぶりに最優秀受賞

県コン 「切り口」と「笑顔」評価

2月10日

1市3町、災害の備えは

本紙調査

1市3町、災害の備えは

食料・トイレの備蓄を調査

2月10日

「SLIM」の脚部品開発

(株)コイワイ(小田原市)

「SLIM」の脚部品開発

月面着陸に3Dプリント技術

2月3日

早川上水の石祠(せきし)を解読

石井さん

早川上水の石祠(せきし)を解読

江戸初期の治水事業探る

2月3日

あっとほーむデスク

  • 2月17日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook