小田原版 掲載号:2015年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

小田原市消防本部 新たなマニュアル作成へ 横浜の「聞き違い」受け対策

社会

119番通報を受ける情報司令課
119番通報を受ける情報司令課

 横浜市港北区で5月11日に発生したアパート火災は、頻繁に119番通報してくる「頻回救急要請者」に対する思い込みと通報内容の聞き違いなどが原因で死亡事故につながった。これを受け小田原市消防本部情報司令課では、指令管制業務の徹底と新たな災害対策マニュアルを作成するなど、事故防止対策に乗り出している。

 同課では119番通報に対するトラブル防止策として、対応する指令管制員とそのやり取りを聴取する指令管制員でダブルチェックを行っている。今回の事故のように通報内容がよくわからない場合や無言の通報など、状況が把握できない場合は消防隊と救急隊を同時に出動させ対応。状況次第では災害対策用監視カメラによる確認作業も並行して行うという。

 認知症の疑いがある通報者に対しては同居人がいる場合、電話を代わってもらうか、別の指令管制員が家族に連絡を取り確認するなどの対応をとっていた。今回の事故を受け同課では、様々な災害に対し誰が通報を受けても同じ対応がとれるように、新たに災害対応マニュアルを冊子にまとめるなど、災害通報に万全を期すため動き出した。

 2014年の年間119番通報受付総数は誤報やいたずらも含め、1万9643件。うち火災は146件、救急は1万2660件となっている。中でも救急件数は高齢化も伴い、増加傾向にある。市消防本部の管轄内では日に何度も通報する悪質なケースはないものの、頻回救急要請者は存在する。

 今回の事故について同課は「通報を担当する部署として絶対に起こしてならないこと。改めて事故防止を徹底していきたい」と振り返り、「消防車や救急車は限りある資源。本当に必要としている人のためにも、上手に利用してほしい」と理解を呼びかけた。
 

暑中お見舞い申し上げます

NPO法人子どもと生活文化協会

8・19(日)映画「世界でいちばん美しい村」上映会@生涯学習センターけやき

http://www.clca.jp/

新名学園旭丘高等学校

地域立・市民立の私学 2019年度生徒募集…8/25(土)学校説明会 

http://www.niina-gakuen.jp/

mamashug

「100の言葉よりhug」をモットーにふれあいの輪を広げています。

http://www.mamashug.net/

住まいの事ならハマーホーム㈱

海・山・歴史 一緒に暮らそう小田原で!! 家づくりの夢をお聞かせください

http://www.hama-home-kanagawa.com/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

地域密着の測量・設計 秋山設計

建築・開発設計・測量を一手に担う技術者集団です。土地家屋調査士事務所併設

http://www.akiyamasekkei.jp/

スーパー「小田原百貨店」

あたなの街のパントリー!良品廉価で食卓に安心安全を。最新チラシWEBで配信中

http://www.odawara100.com/

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは県内で平塚・茅ヶ崎・小田原で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

小田原版のトップニュース最新6件

搬送患者が急増

熱中症

搬送患者が急増

7月28日号

お堀に揺れる灯り

10年目のストライク

寄付額が県2位

ふるさと納税

寄付額が県2位

7月21日号

堅守巧打で県連覇

国立印刷局小田原

堅守巧打で県連覇

7月14日号

きょう海開き

御幸の浜江之浦

きょう海開き

7月14日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猛暑で割引

猛暑で割引

小田原城

7月20日~8月31日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク