県優良小規模者表彰を受けた(有)川田製作所の副社長を務める 川田 俊介さん 市内中新田勤務 46歳

掲載号:2017年2月11日号

  • LINE
  • hatena

暗闇に見つけた光

 ○…町工場の未来に光はあるのだろうか――。父が創業した金属プレス加工の町工場を継ぐ決意は固まらず、大学卒業後は大手電機メーカーに就職。10年がかりの一大プロジェクトを担当するなど、システムエンジニアとして着実に経験を積む一方、「真っ暗かどうかすら真っ暗で分からない」と町工場に対する負の印象は拭えぬまま。だが、年を重ねる父の姿に、「継がなければ廃業になるのか」と、惜しくも感じた。オムツがはずれる前から母に連れられて過ごした工場。「ガッチャン、ガッチャン」と響く大きな機械音も子守唄のようだった。「長い歴史のなかで築いた顧客との信頼。機械も整っている。もったいない」。そんな思いで約7年前、副社長として”故郷”に戻ってきた。

 ○…多様な工作機械を備え、市民が自由に利用できる工房「ファブラボ」。アメリカでは珍しくない取り組みを模して、会社で所有する3Dプリンタなどの機器を活用したモノづくり体験も企画している。旅行会社と連携して実施した工場見学ツアーも、都内から参加者が訪れるなど好評だった。「かつてはできることの限界を勝手に決めていたが、町工場でも地域のお役に立てることはあると思うんです」

 ○…趣味は一人旅。常に冷静で穏やかな語り口調だが、エネルギッシュで活気あふれるアジアの国を好む。スリランカで出会ったお坊さんと意気投合し、お寺に泊めてもらったこともある。「カレーピラフやお寺なのにビールもだしてもらって、ホテルより快適だった」。交流は今も続いている。

 ○…役職柄、最近では仕事とプライベートの境目がなくなってきた。だが、少数精鋭ながら障がい者や外国人も多く在籍する社員は皆、互いを思いやる気持ちにあふれる。大企業と違い、取り組んだ仕事の成果がすぐ結果として跳ね返ってくる。「仕事が楽しい。まだ遠いけれど、今は町工場の光がはっきりと見えます」

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

山田 成宣(しげのり)さん

第39代箱根町議会議長に就任した

山田 成宣(しげのり)さん

箱根町在住 50歳

10月23日号

天満 正俊さん

今年6月から(一社)神奈川県中小企業診断協会の代表理事 会長を務める

天満 正俊さん

小田原市南鴨宮在住 44歳

10月16日号

廣田 いとよさん

「箱根でパンと古本市」を10月9日に仙石原の本喫茶わかばで開催する

廣田 いとよさん

箱根町在住 47歳

10月9日号

伊久間 洋輔さん

湘南ベルマーレフットサルクラブの新監督に就任し、10月8日の初陣に臨む

伊久間 洋輔さん

藤沢市在住 45歳

10月2日号

玉田 麻里さん

真鶴町空き家バンク事業を運営する(一社)真鶴未来塾の代表理事を務める

玉田 麻里さん

真鶴町在住 44歳

9月25日号

三宅 愛さん

東京オリ・パラ組織委員会アンチ・ドーピング課の一員として大会運営に関わった

三宅 愛さん

小田原市蓮正寺在住 36歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の色彩偶然性を表現

自然の色彩偶然性を表現

NEW新九郎で「高木彩展」

10月20日~11月1日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook