小田原版 掲載号:2018年2月10日号
  • googleplus
  • LINE

湘南ベルマーレフットサルクラブのサポーター代表を務める 山川 太郎さん 本町在住 38歳

小田原の応援団長

 ○…Fリーグに参入して11年。どんなに低迷が続こうとも「下位に沈むクラブじゃない」と疑わず、声を枯らして応援してきた選手たちが今年1月、ついにプレーオフのピッチに立った。監督、選手、サポーターが目指してきた日本一を決する夢舞台。堂々と入場してくる選手の姿に、「僕が信じたベルマーレはやっぱり本物だった。どうだ、見たか」と胸を熱くした。

 ○…大学時代に立ち上げたフットサルチームの活動に夢中だった20代。当時対戦した仲間が選手としてプレーするようになったのを機に、Fリーグに興味をもった。Jリーグで好きな湘南ベルマーレ傘下のクラブを応援するのは自然な流れ。ハマるのに時間はかからず、一時はスタッフとしてクラブ運営にも携わった。ポスター貼りに商店街を奔走するなかで感じたのは、小田原市民の底知れぬ郷土愛。「代々地元で商売している人が多いし、横のつながりもハンパない。小田原なら、街の誇りとして応援を楽しめる人がたくさんいるはず」。期待に胸が高鳴り、生まれ育った藤沢から移住を決めた。

 ○…「数万といるフットサル人口のごく一握りで、国内最高峰リーグで戦う選手が僕らサポーターを『一緒に戦う家族』と言ってくれる。これはすごいこと」。声で後押ししようと、北海道から九州まで敵地の試合にも足を運び、旅費に年間約30万円を費やす。「一番の戦いは奥さんだったけれど、うまく仲間にできました」。1月29日に誕生した長男と応援に行くことが、今から楽しみで仕方ない。

 ○…夢に描くのは、子どもから高齢者のサポーターが小田原アリーナを満杯にし、翌日の学校や職場ではあいさつ代わりにベルマーレの話題を交わす光景。「たとえば大阪といえば阪神タイガースというように、いつかベルマーレが街の代名詞になる。これだけ地元を愛する人がいる小田原だからこそ、きっと実現できると思うんです」

小田原版の人物風土記最新6件

石井 久喜さん

6次産業化総合化事業計画の認定を受けたはなまる農園の代表を務める

石井 久喜さん

5月19日号

松下 弘樹さん

2018年度小田原箱根商工会議所青年部会長に就任した

松下 弘樹さん

5月12日号

小岩井 豊己さん

経営する企業が経済産業省から地域未来牽引企業に選定された

小岩井 豊己さん

5月5日号

吉田 眞理さん

4月1日付で小田原短期大学の学長に就任した

吉田 眞理さん

4月21日号

川瀬 良幸さん

神奈川県県西地域県政総合センターの所長に4月1日付けで就任した

川瀬 良幸さん

4月14日号

吉沢 仁さん

4月1日付で小田原フットサルアカデミー(FAO)の3代目会長に就任した

吉沢 仁さん

4月7日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

室町からの技、一堂に

室町からの技、一堂に

清閑亭で「木のうつわ展」

5月25日~5月27日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク