小田原版 掲載号:2018年12月15日号
  • LINE
  • hatena

美しい久野里地里山協議会 むらづくりで農水大臣賞 荒廃農地の再生など評価

社会

人工林にモミジの苗を植栽=協議会提供
人工林にモミジの苗を植栽=協議会提供

 美しい久野里地里山協議会(田中康介会長)がこのほど、農林漁村における豊かなむらづくりの優良事例を表彰する国の制度で農林水産大臣賞を受賞した。同賞の受賞は小田原市内で初。

 市内の耕地面積の約25%を占める久野地域だが、近年は高齢化で農林地が荒廃。鳥獣被害や不法投棄も目立つようになっていた。こうした状況を問題視する地域有志らが勉強会を開いたことを機に、2009年に協議会を設立。31人の会員がNPО法人や地元自治会と連携し、里地・里山の保全に取り組んでいる。

 この一環で、3年前からは「久野の渓流と紅葉の里づくり」に着手。人工林を間伐したところへモミジを植栽し、豊かな景観の創出に励む。この活動によって森林に人目が届くようになり、不法投棄の減少につながっている。また、久野の自然に親しんでもらおうと、渓流では春と夏に野遊び体験を開催。川の生き物観察などが企画され、市外の参加者も増えるなど評判も上々だ。

 活動が継続している大きな要因は、地域の結束力。前会長の星野清治さんは、「久野にはさまざまな活動をしている人がいるが、それぞれバラバラだった。地域を良くするために一つにまとまらなければと思った」と協議会設立の経緯を説明。田中会長は「生き物に詳しい人や料理が得意な人など、皆が結束することで何でもできる」と強みを話した。

 12月7日に表敬訪問を受けた加藤憲一市長は、「地域コミュニティの力を見せつけられた。市内の他地域にも広げられたら」とたたえた。

小田原版のトップニュース最新6件

宇宙に輝く「勝俣隆」

もうすぐ大型連休

込山さんが全国3位

相洋高柔道部

込山さんが全国3位

4月13日号

小澤氏と佐々木氏が当選

県議会選挙

小澤氏と佐々木氏が当選

4月13日号

歩いて暮らせる街へ

アプリで健康増進へ

〜新しい小田原へ〜

再び20万人都市を目指します!

http://ookawayutaka.jp/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

連休は映画『金次郎』

読プレ

連休は映画『金次郎』

市民会館5月3日・5日

5月3日~8月10日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク