「認知症をにんちしよう会」の会長を務める 武井 和夫さん 小田原市板橋在住 50歳

掲載号:2019年6月22日号

  • LINE
  • hatena

包み込むそよ風のごとく

 ○…認知症でも住み慣れた地域で安心して過ごすことができる――。そんな社会実現に向け、医療や介護、福祉関係者らと発足させた「認知症をにんちしよう会」の活動も5年目に突入した。「誰でも年をとれば色々な機能が失われる。認知症だけが特別ではないのに、いまだネガティブな印象が強い」。6月23日に小田原市内で開催するフォーラムで認知症との付き合い方を当事者に講演してもらうのも、偏見を払拭したいとの思いからだ。

 ○…バスケットボール部に所属していた白山中時代には市内で3位入賞。陸上でも学校代表として大会に出場するなど運動神経抜群で、夢はスポーツ選手になることだった。その頃、小田原市立病院の勤務医だった父が夜中でも呼び出されて家を飛び出していく姿に、「なんて大変なのだろう」と感じていた医師の仕事。だが、当時住んでいた職員宿舎には退院患者が御礼を伝えに訪れることも多く、喜びを分かち合う光景を目にするうちに医学の道を志すようになった。

 ○…専門は神経内科。限られた時間で、いかに症状を聞き出せるかが重要という。話かけたくなる穏やかな表情も、安心感を与えるゆったりした口調も、長年の経験で培われたものか。だが、家では「話さないタイプ」。「家族のことだと考えすぎて何も言えない。子育ても妻にまかせっきり」と頭をかく。妻と娘2人の家族で、唯一の同性である愛犬の散歩が癒しだ。

 ○…午前中の診察を終えると、昼休み返上で訪問診療へ向かう日々。潮騒が届く国府津の診療所に入院施設はなく、退院患者と喜びを分かち合う瞬間を味わうことはないが、「患者さんの一番近くで寄り添い、亡くなったとしても『ありがとう』と言ってもらえる仕事をしたい」。その一言に、すべてが凝縮されている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

石塚 順一さん

2021年度小田原箱根商工会議所青年部(YEG)会長に就任した

石塚 順一さん

小田原市前川在住 46歳

5月8日号

萩野 剛将さん

文化堂印刷(株)で事業開発を行う

萩野 剛将さん

小田原市酒匂在住 30歳

5月1日号

矢端 雅子さん

株式会社ジェイコム湘南・神奈川 西湘局の局長に就任した

矢端 雅子さん

小田原市板橋勤務 55歳

4月24日号

井上 康樹さん

4月1日から箱根町の教育長を務める

井上 康樹さん

開成町在住 61歳

4月17日号

高橋 貴博さん

全国優勝した少年ソフトボール選抜チーム「西湘」の監督を務める

高橋 貴博さん

小田原市酒匂在住 57歳

4月10日号

高橋 剛司(たけし)さん

ミナカ小田原の総支配人を務める

高橋 剛司(たけし)さん

小田原市城山在住 56歳

4月3日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter