湯河原町真鶴町衛生組合 最終処分場が完成 県内初のクローズ型

社会

掲載号:2019年7月13日号

  • LINE
  • hatena
処分場外観(上)と内部(左下)・竣工式であいさつする冨田組合長(右下)
処分場外観(上)と内部(左下)・竣工式であいさつする冨田組合長(右下)

 湯河原町吉浜に再整備工事が進められていた「湯河原町真鶴町衛生組合一般廃棄物最終処分場」がこのほど完成し、7月8日に関係者らを招いた竣工式および内覧会が行われた。

 新たに完成した施設は幅約60mの大型屋根がかかるクローズ型。雨や地下水に有害物質等が溶け出しにくく、安全と環境に配慮された建物になっている。埋立容量は7万7350㎥。40〜50年間は利用出来る見込みだ。再生工事費は約48億円。

 かつて同じ場所にあった処分場は屋外型で、1987年に完成。操業開始から24年が経過した2011年、容量をかさ上げするために地質調査をしたところ、環境基準(1リットルあたり0・003㎎以下)を超えるカドミウムを検出。延命化を考えていたが操業を停止し、同じ場所に新しい処分場を設置することが決まった。

 13年度の1年間、約32億円の費用をかけて掘削・撤去・運搬作業が行われ、15年11月に新処分場の工事着工、今年3月に完成した。4月から試験的に焼却灰の埋立を始めており、近々本格的に操業する。

 式典で冨田幸宏組合長は関係者に感謝の言葉を述べた後、完成に至るまでの経緯などを説明。「次世代の人たちにも胸を張れる施設ができた。50年、60年先の存続を目指したい」と話した。工事請負業者を代表して言葉を述べた(株)竹中土木の竹中康一取締役社長は、「既存の建物を撤去し、そこに新しいものを造るのは前例がほとんどない。周辺の環境を考えた画期的な施設」と語った。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

6月分散登校で再開

小・中学校

6月分散登校で再開 教育

夏休み短縮も

5月30日号

「里帰り」へ支援呼び掛け

チンチン電車保存会

「里帰り」へ支援呼び掛け 社会

コロナで活動も足踏み

5月30日号

守屋氏が接戦制す

小田原市長選

守屋氏が接戦制す 政治

544票差で加藤氏及ばず

5月23日号

豊漁の季節間近に

小田原産シラス

豊漁の季節間近に 経済

市内唯一の漁船が奮闘中

5月23日号

例年の1割以下

箱根町GW観光客

例年の1割以下 経済

ホテル、観光施設など休業

5月16日号

ドライブスルーで「魚食」

港周辺飲食店

ドライブスルーで「魚食」 経済

新需要掘り起こしに一策

5月16日号

(株)三和消毒

巷が緊急事態宣言発令中でもシロアリはやってくる

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク