湯河原町真鶴町衛生組合 最終処分場が完成 県内初のクローズ型

社会

掲載号:2019年7月13日号

  • LINE
  • hatena
処分場外観(上)と内部(左下)・竣工式であいさつする冨田組合長(右下)
処分場外観(上)と内部(左下)・竣工式であいさつする冨田組合長(右下)

 湯河原町吉浜に再整備工事が進められていた「湯河原町真鶴町衛生組合一般廃棄物最終処分場」がこのほど完成し、7月8日に関係者らを招いた竣工式および内覧会が行われた。

 新たに完成した施設は幅約60mの大型屋根がかかるクローズ型。雨や地下水に有害物質等が溶け出しにくく、安全と環境に配慮された建物になっている。埋立容量は7万7350㎥。40〜50年間は利用出来る見込みだ。再生工事費は約48億円。

 かつて同じ場所にあった処分場は屋外型で、1987年に完成。操業開始から24年が経過した2011年、容量をかさ上げするために地質調査をしたところ、環境基準(1リットルあたり0・003㎎以下)を超えるカドミウムを検出。延命化を考えていたが操業を停止し、同じ場所に新しい処分場を設置することが決まった。

 13年度の1年間、約32億円の費用をかけて掘削・撤去・運搬作業が行われ、15年11月に新処分場の工事着工、今年3月に完成した。4月から試験的に焼却灰の埋立を始めており、近々本格的に操業する。

 式典で冨田幸宏組合長は関係者に感謝の言葉を述べた後、完成に至るまでの経緯などを説明。「次世代の人たちにも胸を張れる施設ができた。50年、60年先の存続を目指したい」と話した。工事請負業者を代表して言葉を述べた(株)竹中土木の竹中康一取締役社長は、「既存の建物を撤去し、そこに新しいものを造るのは前例がほとんどない。周辺の環境を考えた画期的な施設」と語った。
 

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

箱根を認定 3年連続

アニメツーリズム協会

箱根を認定 3年連続 文化

訪れてみたいアニメ聖地

11月9日号

加藤市長が出馬表明

小田原市長選

加藤市長が出馬表明 政治

「総仕上げ」として4選目指す

11月9日号

「禁煙宣言」で取り組み強化

小田原医師会

「禁煙宣言」で取り組み強化 社会

受動喫煙防ぐ環境対策も

11月2日号

安藤穂弦さんに文科大臣賞

安藤穂弦さんに文科大臣賞 文化

伊勢神宮奉納書道展で

11月2日号

持続可能な地域社会へ

持続可能な地域社会へ 社会

おだわらSDGs実行委 発足

10月26日号

箱根初プロ野球選手へ

勝俣翔貴選手

箱根初プロ野球選手へ スポーツ

オリックスから5巡目指名

10月26日号

湯河原に伊能忠敬の足跡

湯河原に伊能忠敬の足跡 文化

吉浜と門川に記念碑完成

10月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク