鍛練重ね いざ初舞台 市内2選手が全中へ

NEXT_柔道

掲載号:2019年8月17日号

  • LINE
  • hatena
打ち込みに汗を流す井上さん(手前)
打ち込みに汗を流す井上さん(手前)

 8月17日(土)から近畿地方を中心に行われる全国中学校体育大会(=全中)。小田原市の中学校から2選手が、柔道と相撲競技で日本一をかけた戦いに挑む。

 相洋中学校柔道部の井上航さん(3年)は県大会男子55kg級を制し、全中初出場を決めた。

 中3に向け階級をあげたばかりの頃はパワー不足で「延長戦を戦い抜く力がなかった」と振り返る井上さん。スタミナ強化のために朝練時の坂道ダッシュなど肉体改造に力を入れてきた。高校生と組み合う時間を多く持つことで、指導する込山清顧問も「投げる腕力もついてきた」と成長ぶりに目を細める。

 県大会準決勝では課題だった延長戦を制すと、決勝でも起死回生の跳ね腰で一本を奪い逆転勝ち。気持ちと体力両方を切らさず戦い抜いた自信を手に、頂点に立った。

 全中へは「全て出し切りたい。そうしたら結果がついてくると思う」と前を見据えた。大会は17日から兵庫県で行われる。

*   *

 城南中学校特設相撲部の依田蒼基さん(3年)は県で準優勝し、全中へと駒を進めた。小学生の時に相撲を始め現在は173cm、124kg。授業が終わると毎日旭丘高校の土俵へ出向き、稽古を積んできた。特設部三浦寿志顧問は「1年生の時から相撲一筋。ぶれない芯の強い選手」と評する。

 今春肩を痛め、相撲を取れない日々が続いたが「出来ることをやろう」と基礎練習を徹底。腕立て伏せに重点的に取り組んだ結果”突き”に磨きがかかった。県大会決勝では四つ相撲となり寄り切られたが「立ち合いから強く出る」自分の相撲には手応えも感じている。

 「挑戦者として一番でも多くとりたい」と意気込む依田さん。大会は17日から奈良県で開催される。
 

突きの稽古に精を出す依田さん
突きの稽古に精を出す依田さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

明大学生が子ども向け企画

明大学生が子ども向け企画 文化

9月28日 宿場祭りで

9月14日号

箱根で秋の気配

箱根で秋の気配 文化

ススキ、見ごろは10月半ば

9月14日号

本でつながる

体験レポート 21

本でつながる 文化

豊島邸のブックカフェ

9月14日号

県西の雄 足柄FCが躍進

県西の雄 足柄FCが躍進 スポーツ

高・低学年が県西W(ダブル)優勝

9月14日号

自己見つめ道拓く

自己見つめ道拓く 経済

小田原藩龍馬塾

9月14日号

古紙リサイクルに一手

小田原市

古紙リサイクルに一手 社会

新聞回収袋を製作

9月14日号

男性の育休に高い関心

女性ランチミーティング

男性の育休に高い関心 経済

職場の枠越え意見交換

9月14日号

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク