小田原市民ホール 緞帳のデザイン決定 画家・芳澤一夫さんの作品に

文化

掲載号:2019年8月31日号

  • LINE
  • hatena
小田原の明るい未来を表現した芳澤さんの作品
小田原の明るい未来を表現した芳澤さんの作品

 2021年秋に開館を予定する小田原「市民ホール」の大ホールの緞帳(どんちょう)デザインが、小田原市城山在住の日本画家・芳澤一夫さん(65)の作品に決定した。

 小田原市では市民ホール開館に先駆け、大ホールの緞帳デザイン原画を6月10日から7月31日にかけて、小田原市内在住、在勤、在学者などを対象に募集した。

 応募総数22作品が集まり、市民ホール設計者らが中心となり、市民ホール基本構想時の基本理念である「多様で豊かな市民の芸術文化創造活動からわきあがるクリエイティブな力と熱意が市民ホールからまちへとあふれ未来に開かれた文化都市を創造する」を意識しているか、「小田原らしさを感じられるか」などを基準に審査した。

 芳澤さんは、これまでにも小田原駅内のステンドグラス原画制作や白秋の道タイル原画制作なども手掛けている日本画家。今回の作品は、小田原の明るい未来、四季・自然を表し、海・山・川・空・風など表現。無数の丸円は、街の中で様々な生活、活動をする市民、また、海外から来日する各国の人々をイメージしたという。

 「特定の演目を意識させない抽象的なデザイン」「正面からだけでなく、どの方向からも見られることを意識している」「原画の忠実な再現よりも、織の特性を活かせる」ことなどの点が評価され、最優秀作品に選ばれ、原画の採用が決定した。

 9月11日に最優秀賞の授与式が市役所で開かれ、芳澤さんに賞状が贈られる。また緞帳は、デザイン原画を図柄とした公募型プロポーザルで製作会社を選定し、2021年3月に完成する予定だという。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ママ友が販路拡大に一役

はなぞのマルシェ

ママ友が販路拡大に一役 社会

地元店商品オンラインで

12月4日号

60周年で記念公演

小田原吹奏楽研

60周年で記念公演 文化

12月12日、三の丸ホールで

12月4日号

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook