小田原市民ホール 緞帳のデザイン決定 画家・芳澤一夫さんの作品に

文化

掲載号:2019年8月31日号

  • LINE
  • hatena
小田原の明るい未来を表現した芳澤さんの作品
小田原の明るい未来を表現した芳澤さんの作品

 2021年秋に開館を予定する小田原「市民ホール」の大ホールの緞帳(どんちょう)デザインが、小田原市城山在住の日本画家・芳澤一夫さん(65)の作品に決定した。

 小田原市では市民ホール開館に先駆け、大ホールの緞帳デザイン原画を6月10日から7月31日にかけて、小田原市内在住、在勤、在学者などを対象に募集した。

 応募総数22作品が集まり、市民ホール設計者らが中心となり、市民ホール基本構想時の基本理念である「多様で豊かな市民の芸術文化創造活動からわきあがるクリエイティブな力と熱意が市民ホールからまちへとあふれ未来に開かれた文化都市を創造する」を意識しているか、「小田原らしさを感じられるか」などを基準に審査した。

 芳澤さんは、これまでにも小田原駅内のステンドグラス原画制作や白秋の道タイル原画制作なども手掛けている日本画家。今回の作品は、小田原の明るい未来、四季・自然を表し、海・山・川・空・風など表現。無数の丸円は、街の中で様々な生活、活動をする市民、また、海外から来日する各国の人々をイメージしたという。

 「特定の演目を意識させない抽象的なデザイン」「正面からだけでなく、どの方向からも見られることを意識している」「原画の忠実な再現よりも、織の特性を活かせる」ことなどの点が評価され、最優秀作品に選ばれ、原画の採用が決定した。

 9月11日に最優秀賞の授与式が市役所で開かれ、芳澤さんに賞状が贈られる。また緞帳は、デザイン原画を図柄とした公募型プロポーザルで製作会社を選定し、2021年3月に完成する予定だという。

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

探検しながら落書き

デコリア×小田原フラワーガーデン

探検しながら落書き 社会

なでしこブランドのコラボ

10月12日号

選奨土木遺産に認定

旧熱海線鉄道施設群

選奨土木遺産に認定 文化

小田原市として2件目

10月12日号

新会館整備計画案を発表

小田原箱根商工会議所

新会館整備計画案を発表 経済

旧メガネスーパー本社ビル購入へ

10月5日号

56年ぶり石の彫刻祭

真鶴町

56年ぶり石の彫刻祭 経済

6人の作家が制作風景公開

10月5日号

画面タッチで119番

箱根町

画面タッチで119番 社会

聴覚障害者等の通報に

9月28日号

観光に福祉のおもてなし

観光に福祉のおもてなし 社会

小田原、箱根でボラ体験

9月28日号

日の丸胸に世界陸上へ

相洋高高島さん

日の丸胸に世界陸上へ スポーツ

混合4×400mR 高校生で唯一

9月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク