ドーハ2019世界陸上競技選手権大会混合4×400mリレー日本代表に選出された 高島 咲季さん 相洋高校3年 17歳

スポーツ

掲載号:2019年9月28日号

  • LINE
  • hatena

陸上に恋し 咲き誇る

 ○…今春のアジアユースを皮切りに自己ベストの更新、日本選手権2位、高校総体連覇…陸上400m界で快進撃を続ける女子高生がついに世界最高峰の舞台に立つ。混合リレーの日本代表に高校生で唯一選出され「気持ちがギュッと引き締まった。出場するからには代表の名に恥じない走りを」と気合十分だ。八重歯がのぞく、大輪の花のような眩しい笑顔がトレードマーク。チーム最年少とあって「お姉さんたちにくっついてます」とおどける表情は愛らしいが、トラックに立つと途端にトップアスリートの顔になる。号砲は日本時間で29日午前2時。ドーハで粘り強い走りを披露し、咲季スマイルを見せることができるか、注目が集まる。

 ○…一つ上の姉・菜都美さん(現中央大1年)の背中を追って陸上を始め、相洋高校へ進学。全国屈指の選手を育て続ける銭谷満顧問と出会った。高2で総体を制し一見順風満帆にみえるが、実は直後、スランプに陥ったという。「お前、それじゃ県でも負けるだろうね」。気持ちの入らない走りを見抜かれ「このままじゃだめだ」。フォームを見直し、主将として自覚も芽生えた冬を越え、心身共さらに一回り大きくなった。恩師の言葉と自己と向き合った時間があっての「今」。信頼を築きながら歩んだ軌跡を振り返り「尊敬する先生を信じて練習できる。私の中でとても大きな存在です」。

 ○…日本陸上界期待の星。否応なしに来夏を含めた今後が気になるが「ずっと先はわからない。まずは大学1年目を大切にしたい」。一戦一戦に集中することで道は拓けていくのだろう。陸上第一を宣言した上で「大学に入ったら髪を伸ばして、スカートをはきたい」とお茶目に笑った。陸上に恋し、花咲く季節はこれからも続く。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

星崎 陽子さん

ミスなでしこ日本2019の神奈川県代表に選ばれた

星崎 陽子さん

小田原市役所職員 34歳

11月9日号

佐々木 健策さん

学芸員として小田原城天守閣の企画展を担当する

佐々木 健策さん

小田原城総合管理事務所 勤務 45歳

11月2日号

青木 健(たけし)さん

真鶴町議会の議長に就任した

青木 健(たけし)さん

真鶴町岩在住 67歳

10月26日号

石川 栄さん

箱根町議会の議長に就任した

石川 栄さん

箱根町仙石原在住 79歳

10月19日号

安藤 和幸さん

内閣府から社会参加章を受章した「シニアネットワークおだわら&あしがら」で代表理事を務める

安藤 和幸さん

小田原市城山在住 69歳

10月12日号

正井 尊(たかし)さん

清閑亭で個展を行う画家

正井 尊(たかし)さん

小田原市城山在住 38歳

10月5日号

星槎小田原キャンパスで縁日

さがみ湾の大海原と共に、片浦レモンの味覚を楽しもう

http://seisa.ed.jp/odawara/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク