栢山神社 100年の節目に歴史再考 氏子らが碑など整備

文化

掲載号:2020年2月22日号

  • LINE
  • hatena
改修された灯篭と曽根さん
改修された灯篭と曽根さん

 明治後期の豪雨被害を受けた栢山神社(小田原市栢山859)が1920年の再建築から100年を迎えた。現在、地域の氏子らが敷地内の整備を進めており、2月23日(日)には令和の記念と合わせ、ご神体お披露目などを行う「神殿建立100年祭」を催す。

 かつての栢山村には八乙女権現社、白髭社、稲荷社があり、明治期の一町村一社の方針で3社のご神体を合祀し誕生したのが栢山神社。その後、酒匂川の氾濫で被害を受けた地域の復興に合わせ、同神社は1920年に再建された。

 100年の節目に地域の歴史を改めて残していこうと、氏子らが昨年、神社の整備と記念祭を検討。神殿建立100年祭実行委員会を立ち上げ、メンバー23人で取り組みを進めてきた。

 メンバーの一人、曽根年治さん(73)は「近くに二宮尊徳の生家があり、来訪者が栢山神社にお参りに来ることも多い。神社の歴史もきちんと伝えたかった」と話す。地域住民の賛助金で行われている整備は1月から始まり、由来を書き記した掲示板「縁起」を新設したほか、崩れていた灯篭や敷地にある碑の補修を行っている。

数十年ぶり開帳も

 23日の催事では掲示板などの除幕式(午前9時30分)が行われ、神殿にあるご神体3体を開帳(10時から午後1時)。境内ではゲーム大会や地域住民らが吹奏楽、民族舞踊などを披露する。

 曽根さんは「ご神体披露は数十年ぶり。これまで地域が大切にしてきた歴史に触れて欲しい」と話す。同祭は雨天時、演芸などが中止。問合せは曽根さん【電話】090・7403・0461へ。

整備が進む栢山神社
整備が進む栢山神社

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

マンホールで広告 県内初

小田原市

マンホールで広告 県内初 社会

企業・団体PRに蓋を活用

3月28日号

発達障害 切れ目なく支援

発達障害 切れ目なく支援 社会

小田原市に機能集約拠点

3月28日号

選手へのエール描き『金』

刀称秀篤さん(相洋中2年)

選手へのエール描き『金』 文化

東京2020オリパラポスター

3月21日号

新人土屋氏がトップ当選

湯河原町議選

新人土屋氏がトップ当選 政治

投票率は過去最低53・93%

3月21日号

チンチン電車 里帰りなるか

チンチン電車 里帰りなるか 社会

 引退車両 長崎から小田原へ

3月14日号

4月から駐車場有料に

小田原市立病院

4月から駐車場有料に 経済

民間貸付で年1千万超収入

3月14日号

かんたん内窓で健康リフォーム!

断熱効果や結露軽減のほか、防音・目隠し効果もある樹脂製内窓で快適生活を。

http://www.lixil-madolier.jp/5000328/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク