チンチン電車 里帰りなるか  引退車両 長崎から小田原へ

社会

掲載号:2020年3月14日号

  • LINE
  • hatena
長崎市内を走っていた当時の車両
長崎市内を走っていた当時の車両

 かつて小田原駅―板橋駅の国道1号線を走り「チンチン電車」の愛称で親しまれた路面電車を、小田原に「里帰り」させようというプロジェクトが3月7日に立ち上がった。車両を保存していた長崎電気軌道(株)(長崎県)の譲渡先募集を受けての動きだ。

 路面電車は、1935年から56年まで箱根登山鉄道(株)の「町内電車」、市制施行後は「市内電車」として営業していた。廃線後に長崎電気軌道へ車両が譲渡され、1970年代まで現役車両として活躍。近年はイベントで活用され、昨年3月に引退した。

 鉄道愛好家の団体・小田原鉄道歴史研究会(小室刀時朗会長)では、そのタイミングで一度、車両譲渡を打診していたが、アスベスト使用の可能性があるとして断られていた。その後の調査で不使用が確認され、譲渡可能との連絡があったという。

 長崎電気軌道では、車両は原則無償譲渡としているが、運搬費用は申込者の全額負担。また、希望者が複数の場合、譲渡後の活用方法等を総合的に判断して上位から交渉を進めるとしている。申込期限は3月31日まで。

 市内で7日に開かれた1回目の会合には、呼び掛け人の小室会長と平井丈夫さん(NPO小田原まちセッションズ代表)のほか商業者や市職員、横浜市電の修復プロジェクトに携わった神奈川新聞の記者、車両保存活動の経験者ら約20人が参加。「実際に車両が動かせるといい」「資料館として活用しては」等のアイデアを出し合い、また「(数百万円という)運搬費用が準備できるか」「置き場所の選定はどうするか」といった課題を話し合った。

 小室さんは「市民や行政、団体、商店など『オール小田原』体制で取り組む方針が決まった。ぜひ小田原で車両の保存、活用を実現したい」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ママ友が販路拡大に一役

はなぞのマルシェ

ママ友が販路拡大に一役 社会

地元店商品オンラインで

12月4日号

60周年で記念公演

小田原吹奏楽研

60周年で記念公演 文化

12月12日、三の丸ホールで

12月4日号

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook