新市長として小田原市政の舵取り役を担う 守屋 輝彦さん 扇町在住 53歳

掲載号:2020年5月23日号

  • LINE
  • hatena

課題抽出、検証から実行へ

 ○…県議を8年務め上げた昨春、3期目の立候補は行わず退路を断ち新たな挑戦に備えた。「自分の考えと市民が感じていた課題をすり合わせ、政策を練り上げた」、そんな矢先のコロナ禍で状況は一変。思いを伝える場が限られる中、ネットなどを駆使して地域医療に迫る危機と打開策を訴え続けた。大接戦を制した今「嬉しさや疲れ、全ての感情がある」としながらも、ようやく表情に柔和さが戻ってきた。

 ○…祖父と父が市議という政治家一家で育った。サッカー部で汗を流した高校時代を経て、大学で出会ったのが都市計画の世界。「合意形成を図り街を創り出すことに魅力を感じた」と、卒業後は神奈川県に建築職として入庁。全国に先駆けて公共施設の長寿命化を図る指針作りに携わり、更に踏み込んだ課題解決の手法として辿り着いたのが県議だった。「小さい頃から政治は身近だったが、まちづくりにやりがいを感じたことが大きな動機になっている」

 ○…「趣味はゴルフ、と言いたいけどスコアが良くないと趣味とは言えないらしいんだよ」と苦笑い。リーダー像として華やかなビジョンを示したケネディへの憧れはあるが実務家のチャーチルに例えられることも。現状分析から課題を把握、解決策を見出して実行する、そんな学者肌のプロセスは今も変わらない。

 ○…「市政運営は未知の世界。家族や支援者には引き続き苦労をかけるかもしれない」としながらも、先を見据える表情には冷静さが漂う。新型コロナ対策と収束後の小田原をどう発展させていくか、「まず公約したことに取り組む」。これまで醸成されてきた市民参加のまちづくりを評価、検証してから取り組む新たな色付け。「既に頭ではそのことばかり考えている」と意欲は十分だ。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

唐木 多喜秀さん

独自に考案した植栽方法を用いて、全国で造園を手掛けてきた

唐木 多喜秀さん

小田原市小八幡在住 73歳

1月29日号

羽田鳳竜(はだほうりゅう)さん

蓮華寺副住職で、子どもの居場所づくり事業「学びや はちす」を企画した

羽田鳳竜(はだほうりゅう)さん

小田原市千代在住 39歳

1月22日号

原 健一郎さん

箱根寄人(よせびと)プロジェクトのリーダーを務める

原 健一郎さん

箱根町在住 48歳

1月15日号

宮川 勝行さん

(公社)小田原青年会議所(JCI小田原)の第65代理事長に就任した

宮川 勝行さん

湯河原町吉浜在住 39歳

1月8日号

江島 賢さん

株式会社 丸江の代表取締役に就任した

江島 賢さん

小田原市栄町在住 56歳

12月25日号

古澤 博さん

県大会で優勝した富水ジャガーズの相談役を務める

古澤 博さん

小田原市栢山在住 84歳

12月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook