チンチン電車保存会 「里帰り」へ支援呼び掛け コロナで活動も足踏み

社会

掲載号:2020年5月30日号

  • LINE
  • hatena
現在の小田原駅東口ロータリー付近にあった市内電車のりば(1956年)=小田原市提供
現在の小田原駅東口ロータリー付近にあった市内電車のりば(1956年)=小田原市提供

 かつて小田原市を走っていた「市内電車」の車両を、長崎市から里帰りさせようというプロジェクト。中心となる「小田原ゆかりのチンチン電車保存会」では、新型コロナウイルスの影響で先行きが不透明になる中、実現に向けた道筋を模索している。

 市内電車は1935年から56年まで小田原駅-板橋駅の国道1号線を走り「チンチン電車」の愛称で親しまれた。廃線後に長崎電気軌道(株)(長崎市)に譲渡され、しばらく現役車両として活躍した後イベントなどに使われ昨年引退。今年に入り同社が車両譲渡先を募り、同保存会が譲渡先第1候補に選ばれている。

 同保存会ではプロジェクトの実現に向け市民や行政、団体、商店などを含めた「オール小田原」体制で臨む方向性を打ち出しているが、その前段階で足踏みを余儀なくされている。保存会の平井丈夫さん(NPO小田原まちセッションズ代表)は「コロナにより地元経済も打撃を受けている」と懸念を示す。

 まずクリアしなければならないのが、数百万円という運搬費用と当面の車両保管場所の確保だ。保存会では、車両の引き取り期限について来年3月までの猶予を長崎電気軌道に打診し了承を取り付けた。また、広く鉄道愛好家らから支援を募るクラウドファンディングの準備も進めている。平井さんは「引き続きプロジェクトを広く発信し、資金面や保管場所に協力いただける方を募りたい」と話している。同保存会では、市内電車の写真提供も呼び掛けている。

 連絡は平井さん【電話】090・3687・8355、メールom-sessions@nifty.comへ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

50年ぶりの七五三詣り

第44区自治会

50年ぶりの七五三詣り 文化

子どもの成長、地域で祝う

11月13日号

若手狩猟者と現場つなぐ

小田原市と小田急電鉄

若手狩猟者と現場つなぐ 社会

農作物被害解消に一手

11月13日号

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook