神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

小田原ゆかりの路面電車 「里帰り」実現へ前進 市内の設置場所が決まる

文化

公開:2020年8月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
長崎市内を走っていた当時の車両
長崎市内を走っていた当時の車両

 昭和30年代はじめまで小田原駅―板橋駅間を走っていた路面電車「市内電車」の里帰りが、実現に向け大きく前進した。現在車両を所有する長崎電気軌道(株)(長崎市)からの譲渡に向け、大きな懸案となっていた車両の設置場所が決定した。

 車両の保存活動を展開しているのは「小田原ゆかりの路面電車保存会」(小室刀時朗会長)だ。チンチン電車の愛称で親しまれた箱根登山鉄道(株)運行の「市内電車」は、1965年の廃線後に長崎電気軌道へと車両が譲渡された。同社から今年、現役を引退した車両の譲渡先募集が発表され、複数の応募の中から同保存会が譲渡先第1候補に選ばれている。

 「小田原に市内電車を里帰りさせたい」-熱い思いを持ちつつも、市内での設置場所が決まらず活動は足踏み。「市内電車の記憶を後世へ伝える」「市内活性化や観光客誘致」等の活用案を踏まえ、多くの人の目に触れる、車長11mが収まるといった条件をもとに、小田原市や企業、団体等に協力を打診していたが、時間的猶予や新型コロナの影響もあり難航していた。

 そこにこのほど朗報が届いた。市内南町で来年2月開業予定の交流拠点施設から、設置の協力が得られたのだ。同施設は、報徳二宮神社(草山明久宮司)が運営するまちづくり会社・報徳仕法(株)が事業主体。観光回遊や3世代交流等を目的に、倉庫を改装して地場産品のショップ、レストランなどを運営する計画だ。同保存会から要請を受けた草山宮司は、「観光振興、地域コミュニティの形成という目的は共通している。車両の引き取り期限も迫っていると聞いたので、協力させていただくことにしました」と話す。

 保存会・平井丈夫副会長は「場所は国道1号線にも面し、かつて市内電車が走っていた場所でもある。ご協力に感謝しています」と話している。

資金の応援募る

 里帰り実現へ、もう一つクリアしなければならないのが約1000万円という事業費用の工面。長崎から小田原への車両移送費でも700万円強が見込まれている。

 同保存会ではクラウドファンディング(CF)と銀行振込で広く応援を募っている。CFはサイト「READYFOR」(https://readyfor.jp/projects/odawarachinchindensha)の「小田原ゆかりの路面電車。64年越しの里帰りプロジェクト」から。期間は9月25日(金)まで。銀行振込は、口座「さがみ信用金庫本店・普通2112309・オダワラユカリノロメンデンシャホゾンカイ」。平井副会長は「地元の方、全国の鉄道愛好家の皆さまにぜひ応援していただきたい」と呼び掛けている。問い合わせは平井副会長【電話】090・3687・8355へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

県1部昇格を目指す

社会人サッカー久野FC

県1部昇格を目指す

昨年度からリーグに加盟

4月13日

箱根町が先駆モデル地域に

オーバーツーリズム対策

箱根町が先駆モデル地域に

混雑緩和へ、今夏事業開始

4月13日

1市2町でプラスに

公示地価

1市2町でプラスに

バブル期以来の上昇基調

4月6日

新作はMFゴースト版

小田原市マンホールカード

新作はMFゴースト版

市内誘客 人気アニメ活用

4月6日

世界1位の観光地に選出

箱根町

世界1位の観光地に選出

車椅子での来訪に配慮

3月30日

14人の顔ぶれ決まる

湯河原町議選

14人の顔ぶれ決まる

土屋氏2回連続トップ

3月30日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月13日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook