おかえり「チンチン電車」 64年振りに車両が小田原へ

文化

掲載号:2020年12月26日号

  • LINE
  • hatena
トレーラーで運び込まれる車両。近隣の市民と小田原城天守閣が出迎えた
トレーラーで運び込まれる車両。近隣の市民と小田原城天守閣が出迎えた

 「チンチン電車」が小田原に帰ってきた。

 市内南町で建設が進む「箱根口(はこねぐち)ガレージ 報徳広場」の敷地に運び込まれたのは、かつて小田原駅―板橋駅間を走っていた路面電車の車両。1956年の廃線後に長崎電気軌道(株)(長崎市)に譲渡された「モハ202号」だ。

 長崎で引退した車両を再び小田原に里帰りさせようと、今年4月に「小田原ゆかりの路面電車保存会」が発足。輸送費だけでも約750万円が見込まれるなかクラウドファンディング等で支援を呼び掛け、鉄道ファンや多くの市民から約950万円が寄せられ、遂に実現を迎えた。

 長崎を出発してから4日目。12月19日午前8時過ぎ、トレーラーに積まれた水色と黄色の車両をを近隣の住民や関係者は笑顔で迎えた。車両は大型クレーンで吊り上げられ、64年振りに小田原の地を踏んだ。約1時間半の作業を見守っていた保存会の小室刀時朗会長は「ひと安心ですが、大切なのはこれから。3世代が交流できる活用法をしっかりと準備していきたい」と目を輝かせた。

 同施設は、報徳二宮神社のまちづくり推譲事業の一環として報徳仕法(株)が運営。観光交流促進と地域の3世代交流を目的とする。同神社草山明久宮司は「施設がオープンする来年2月が、電車の正式なお披露目になります。人が集うコミュニティーであり地域活性化の場になることを期待しています」と話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ひとり親家庭でニーズ増

フードバンク

ひとり親家庭でニーズ増 社会

県西での食品支援のいま

2月27日号

利活用事業者が再決定

小田原市豊島邸

利活用事業者が再決定 社会

企業向けテレワーク施設を計画

2月27日号

「食」テーマに活用を検討

小田原市清閑亭

「食」テーマに活用を検討 文化

民間事業者への貸付模索

2月20日号

3月16日に開通予定

栄町小八幡線

3月16日に開通予定 社会

迂回、大幅に短縮へ

2月20日号

事業者に独自支援金交付へ

小田原市

事業者に独自支援金交付へ 経済

国、県事業の対象外想定

2月13日号

市民意見受け計画修正

国府津駅周辺整備事業

市民意見受け計画修正 経済

ロータリー拡幅など反映

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク