1月1日付で箱根町副町長に就任した 伊藤 和生さん 箱根町在住 49歳

掲載号:2021年1月23日号

  • LINE
  • hatena

町を支える若い力に

 ○…町役場の企画課長から副町長への抜擢。町の事務事業を統括する要職への打診に迷いはあったが、同世代の奮闘が背中を押した。「家業を継いだり、地元で暮らす若手の頑張りを今まで目の当たりにしてきた。昨年の町長選挙は大きな注目も集め、町政への関心が高まっている今、重圧はあるが少しでも町の役に立ちたいと思った」

 ○…湯本で生まれ育ち、明治大学商学部に進学。一人暮らしを経験したが都会の雰囲気は肌に合わず「戻るといつもほっとしていた」という。地元で働くことを決め、箱根町役場に職を得た。東日本大震災の時に在籍していたのは観光課。町の観光がストップする中、事業者と一緒に箱根の観光振興を図りつつ被災者支援に奔走。「実行部隊として官民関係なく走り回り、行政と町の人たちがつながるきっかけになった。辛いことも多かったがやりがいは大きかった」と振り返る。

 ○…趣味だった少年野球応援は子どもの成長とともに一段落。「ハマスタでのプロ野球観戦や近隣の湖を巡ってのルアーフィッシングも体力的にきつくなってきた」と苦笑い。平日と休日の境が不明瞭になりつつある今は、食材集めから取りかかる料理作りが息抜きになっている。

 ○…「都会と比べて不便もあるが、それを補って余りある魅力があるのがこのまち」と胸を張る一方で人口減少は進んでいるのも事実。町の活力を維持し、住み続けてもらうには民間との連携が重要と考える。「町長が掲げるブランド力のさらなる向上で他に埋もれない観光地にしていきたいし、若い力を取り込んでコミュニティも活性化させたい」。町を担う『これからの世代』の一人として、箱根に活力を呼び戻そうと前を向く。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

牧野 澄世さん

2022年度小田原箱根商工会議所青年部(YEG)会長に就任した

牧野 澄世さん

小田原市早川在住 49歳

5月14日号

佐藤 伸也さん

(株)湘南ベルマーレフットサルクラブの代表取締役社長に4月、就任した

佐藤 伸也さん

藤沢市在住 45歳

5月7日号

纐纈(こうけつ) 仁志さん

4月1日付で真鶴町の教育長に就任した

纐纈(こうけつ) 仁志さん

小田原市浜町在住 60歳

4月30日号

小室 充孝さん

神奈川県弁護士会県西支部長に就任した

小室 充孝さん

小田原市久野在住 57歳

4月23日号

荒井 範郎さん

4月1日付で神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

荒井 範郎さん

横浜市在住 58歳

4月16日号

中嶋 順さん

(一社)かながわ西観光コンベンションビューローの専務理事を務める

中嶋 順さん

小田原市板橋在住 51歳

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook