テークアウトが活性化 2度目の緊急事態宣言で

経済

掲載号:2021年1月30日号

  • LINE
  • hatena
店頭でお持ち帰りのステーキを手渡す、MAA's MEAT BARのスタッフ
店頭でお持ち帰りのステーキを手渡す、MAA's MEAT BARのスタッフ

 緊急事態宣言の再発令を受けて、小田原市内、近隣の飲食店がテークアウト事業を再び強化している。

 昨年4月、来店者の激減や予約のキャンセルに見舞われた飲食店約40店舗で発足した「おだわらテイクアウト大作戦‼」は、持ち帰りメニューをホームページやSNSで発信する試みを継続的に行ってきた。代表を務める彩酒亭 洞(栄町)の二見洋一さんは、「2度目の宣言を受けて、情報の更新依頼や参加希望の問い合わせが増えている」と現状を語る。

 参加店舗のMAA's MEAT BAR(マーズ ミート バル)(栄町)は、各種ステーキやオードブルのテークアウトを実施。また、仕入れ業者を応援するため、緊急事態宣言期間中はローストビーフ丼を500円税込で販売している。顧客からも好評で、10kgのローストビーフが5日間でなくなる人気ぶりだ。

 料亭・門松(鴨宮)では、「料亭の味わいをご自宅で」をコンセプトに、1000円税別から弁当を販売。会食や法事がなくなる中で、家族のみでのお祝いや法要などに喜ばれている。

 喫茶店のワンダフル(栄町)は、「家飲みはおつまみがマンネリ化するのでは」と新たにオリジナルのおつまみセットの提供を始め、好評だ。

地域のつながりが一役

 また、コロナ禍で生まれた地域コミュニティーも飲食店の情報拡散に一役を買っている。ゲストハウスオーナーたちによる「小田原ゲストハウス会議」や高校生・大学生が地域課題を考える「ノンブランド小田原」、漁港周辺の活性化を目的に活動する「小田原地魚大作戦協議会」など、異業種も協力している。

 「仕入れ業者との取引を止めないためにもがんばりたい」と二見さん。おだわらテイクアウト大作戦の情報は、「小田原水れもんバル」、イベント情報サイト「レアリア」の特設サイトで発信している。参加希望店舗は、二見さん【電話】090・7016・7002へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter