曽我別所寿獅子舞保存会 創立70周年 伝統つむぐ 歴史物語る記念誌発刊

文化

掲載号:2021年1月30日号

  • LINE
  • hatena
神尾さん(左)と、記念誌を紹介する二見会長
神尾さん(左)と、記念誌を紹介する二見会長

 小田原市の無形民俗文化財にも指定されている「曽我別所の寿獅子舞」をいまに伝える「曽我別所寿獅子舞保存会」(二見宏会長)はこのほど、創立70周年の記念誌を発刊した。同会関係者は「これからも地元の伝統芸能を継承していきたい」と熱意を語る。

 曽我別所に伝わる貴重な芸能として、1998年8月、市の無形民俗文化財に指定された「曽我別所の寿獅子舞」。30〜90代の会員44人からなる同保存会が年間20回ほど、市内外の式典や学校の文化祭、賀詞交換会、小田原梅まつりで舞を披露するなどし、継承している。

 「70周年を契機に、これまでの活動を記録と記憶に残しておきたい」(二見会長)と、同会はA4判、約40頁の冊子に、獅子舞の由来をはじめ、保存会の歴史や出演記録、関係者らの思い出話などをまとめた。

 誌上では保存会が正式に結成された1950年以前の同会のモノクロ写真や、数々の舞台出演時の様子、練習風景などのカラー写真も掲載。「ヒョットコ面」などを付けた村人役の演技や、横笛、太鼓などお囃子の様子も捉えている。200部発行し、すでにほとんどを配布し終えたという。

獅子舞の復活

 同会によると、この獅子舞は江戸時代中期に誕生したとみられ、以後曽我の里に伝えられてきた。ただ、昭和初期に入ると次第に衰退し、戦時中は中断を余儀なくされた。

 終戦直後、全国的な演芸文化の再興に伴い、46年に曽我の先人たちの手により復活。地元農家の有志12人で稽古に励んだ。49年に横浜で日本貿易博覧会が開催された際に出演するなど、数々の大舞台で舞を披露して実績を積み、復活から4年後、保存会が正式に結成された。先人から技術を受け継ぎ、30年にわたり獅子頭を担当している神尾武徳さんは「獅子舞はとても奥が深く、30年続けてもまだ未完成。いまも表現力の向上に努めている」と語る。

 勇壮な舞に加え、笑いも誘うユニークな獅子舞で人気を博す同会だが、コロナ禍の影響で昨年2月を最後に舞台での舞を自粛している。二見会長は「残念だけど、しょうがない。コロナ禍が収束したら寿獅子舞を再開し、楽しみにしている多くの人に喜んでもらいたい」と話した。

1946年撮影の保存会の写真(提供・同会)
1946年撮影の保存会の写真(提供・同会)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

小田原三の丸ホールが開館

小田原三の丸ホールが開館 文化

9月5日 記念事業も

9月4日号

コロナ対策に約11億円

小田原市9月補正予算

コロナ対策に約11億円 政治

デジタル整備、商品券など

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook