東京オリ・パラ組織委員会アンチ・ドーピング課の一員として大会運営に関わった 三宅 愛さん 小田原市蓮正寺在住 36歳

掲載号:2021年9月18日号

  • LINE
  • hatena

スポーツを公平に健全に

 ○…スポーツにおける禁止薬物の使用(ドーピング)は、競技の公平性を損なう。東京オリンピック・パラリンピックのドーピング検査チームは、華やかなスポーツの祭典を裏方として支えた。薬物がアスリートの体を蝕んでいく怖さを知っており「人命を守ることに意義を感じる」とアンチ・ドーピングへの意思は強い。

 ○…生まれも育ちも小田原市。姉をまねて水泳、バスケットボールなどを始め、スポーツの楽しさを知り、泉中学校では陸上競技にのめり込んだ。その頃からすでに、スポーツビジネスの世界で働く未来を思い描いていたという。専門学校でスポーツビジネスとスポーツ解剖学を学び、卒業後は大手スポーツ用品メーカーの(株)デサントへ。販売・営業をしていたが「もっと医療的なところでスポーツに関わりたい」とドーピング検査に興味を持った。

 ○…英語など、勉強の時間を確保するために転職を決断。短期留学も経験し、30歳で(公財)日本アンチ・ドーピング機構に入った。機構では、抜き打ち検査の立案を担当している。疑いの目を向ける役割だが「最近は検査を毛嫌いせず、感謝してくれる選手が増えてうれしい」。

 ○…自身も選手としてマラソン大会に出場しており、湘南国際マラソンハーフの部では準優勝の経験も。夫との出会いも実はマラソン大会がきっかけだ。生涯スポーツの推進をと、8年前から城山陸上競技場でランニング教室も開いている。小さい頃母に教えられたのは、「やるかやらないかで悩んだらやる」という心意気。仕事では厳格に、家庭では優しく朗らかに。オリ・パラ組織委員会での約半年間の激務を終え、ホッと一息。1歳の息子に温かいまなざしを向けた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

山田 成宣(しげのり)さん

第39代箱根町議会議長に就任した

山田 成宣(しげのり)さん

箱根町在住 50歳

10月23日号

天満 正俊さん

今年6月から(一社)神奈川県中小企業診断協会の代表理事 会長を務める

天満 正俊さん

小田原市南鴨宮在住 44歳

10月16日号

廣田 いとよさん

「箱根でパンと古本市」を10月9日に仙石原の本喫茶わかばで開催する

廣田 いとよさん

箱根町在住 47歳

10月9日号

伊久間 洋輔さん

湘南ベルマーレフットサルクラブの新監督に就任し、10月8日の初陣に臨む

伊久間 洋輔さん

藤沢市在住 45歳

10月2日号

玉田 麻里さん

真鶴町空き家バンク事業を運営する(一社)真鶴未来塾の代表理事を務める

玉田 麻里さん

真鶴町在住 44歳

9月25日号

三宅 愛さん

東京オリ・パラ組織委員会アンチ・ドーピング課の一員として大会運営に関わった

三宅 愛さん

小田原市蓮正寺在住 36歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の色彩偶然性を表現

自然の色彩偶然性を表現

NEW新九郎で「高木彩展」

10月20日~11月1日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook