小田原市 書類への押印 8割強廃止 検討含め1800種以上

政治

掲載号:2021年12月4日号

  • LINE
  • hatena

 小田原市はこのほど、市民らによる行政手続きの利便性向上と事務の効率化を図ることを目的に押印が必要な書類の見直しを行い、8割強を廃止したと発表した。

 市によると各種申請や届出などで必要だった2054の書類のうち、1687種類については10月までに押印を廃止。197種類についても2021年度中の廃止を検討しており、押印の必要がある書類は170種類となるという。

 市は今年2月から、これまで市民や事業者に押印して提出を求めてきた手続き書類に加え、人事手続きなどで押印を求めている内部手続きについて、全庁で見直し作業を行っていた。この取り組みは国の押印見直しに準じたもの。

 今回は条例や慣行などにより、これまで押印を求めてきた全手続きが対象。合理性や代替手段の有無などを判断基準とし、一部は条例規則等の改正を経て押印廃止を進めた。一方、実印を求める書類や保証人など第三者の証明が必要な書類、委任行為に関わる書類などの押印は存続となる。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

箱根町役場で献血

箱根町役場で献血 文化

1月25日 正面駐車場で

1月22日号

新戦力加入で大幅補強

湘南ベルマーレ

新戦力加入で大幅補強 スポーツ

2022シーズン新体制発表

1月22日号

クリニック併設 安心の住まい

クリニック併設 安心の住まい 社会

22日・23日 試食付き見学会

1月22日号

特設サイトを開設

真鶴町 公園づくりプロジェクト

特設サイトを開設 文化

情報拠点目指す実証実験

1月22日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月22日号

織り姫を募集中

湘南ひらつか七夕まつり

織り姫を募集中 文化

1月31日締切

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook