神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

下中たまねぎの農業体験を提供する「オーナー園部会」の部長を務める 岸 幸雄さん 小田原市小竹在住 51歳

公開:2024年6月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
岸 幸雄さん

タマネギで地域を明るく

 ○…小田原市東部で栽培される甘みの強い「下中たまねぎ」。その魅力を広めようと、一般向けに農業体験を提供する「たまねぎオーナー制度」の運営グループ「オーナー園部会」の部長として力を尽くす。市や郵便局と連携した周知活動の甲斐があり、ファン拡大に手応えを感じている。「精魂込めて育てているから美味しいとの声がうれしい」と笑顔。

 ○…実家は造園業との兼業農家。「一人っ子だから、いずれ家業を継ぐだろう」と造園科の専門学校に進学した。卒業後は家業を手伝い、その後誘いをうけJAの青年部に入部。若い頃は農家としての意識が薄かったという。2001年に青年部が、遊休農地を活用し一般に農地を開放する「たまねぎオーナー制度」を開始。栽培に適した土壌にするため、多くの苦労を重ねた。努力の中で農家同士の交流が増え、地域の連帯感が強まっていくのを実感。今では「地域の農業を盛り上げ、明るくしたい」と活動を引っ張る存在だ。

 ○…雨が降れば休日だが、じっとしていられない性格。常に仕事が頭に浮かび、「Youtubeでも『畑』と検索している。忙しいほうが楽しい」と、地域のボーイスカウトや青少年育成会会長としても活動する。同じ造園の道に進み、農業も手伝う2人の息子について「よくやっている」と優しく見守る。

 ○…オーナー園部会は今年で13年目を迎え、3年前2代目部長に就任。約450人がオーナー登録をしているが、現在は畑の病害のため休止中。再開に向け農薬散布や専門家への相談など、試行錯誤の日々。今秋に試験栽培を実施するという。「タマネギの収穫は年に1回。取るまで出来がわからない」。自然と向き合い、オーナーとの再会を待ち望む。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

竹縄 謙史さん

小田原市立中央図書館の館長に就任した

竹縄 謙史さん

小田原市城山在住 55歳

7月20日

伊藤 隆夫さん

一般社団法人日本ラウンドダンス協会会長を務める

伊藤 隆夫さん

小田原市本町在住 69歳

7月13日

勝俣 隆さん

長崎大学名誉教授で、『七夕伝説の謎を解く』を上梓した

勝俣 隆さん

小田原市北ノ窪在住 72歳

7月6日

鈴木 圭一さん

アナログゲーム「ちょっとずつ違う」シリーズの制作を手掛ける

鈴木 圭一さん

小田原市入生田在住 47歳

6月29日

岸 幸雄さん

下中たまねぎの農業体験を提供する「オーナー園部会」の部長を務める

岸 幸雄さん

小田原市小竹在住 51歳

6月22日

辻村 百樹(ももき)さん

辻村農園・山林の8代目当主で、株式会社T-FORESTRYの代表取締役を務める

辻村 百樹(ももき)さん

東京都在住 67歳

6月15日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビーチカルチャーを発信

小田原サーフィン協会

ビーチカルチャーを発信

御幸の浜でイベント

7月28日~7月28日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook