神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

新しい小田原へ― 意見広告 持続可能なまちづくりへ 小田原市議会議員 大川ゆたか

公開:2024年7月6日

  • X
  • LINE
  • hatena
持続可能なまちづくりへ

 6月定例会は、2度目の加藤憲一市政となって初の市議会となりました。これまで4年間で実績を重ねてきた市の施策については、転換や廃止だけでなく、さらに推進すべきものもあります。是々非々で適切に判断されることを求めます。

都市計画と民意について

 会期中に、都市計画区域の「第8回線引き見直し」について市から説明がありました。「線引き」とは、無秩序な開発が進まないよう区域区分を決めるものです。区分の種類は、計画的に市街化(開発)を図る「市街化区域」と、市街化を抑制する「市街化調整区域」があります。

 鬼柳・桑原地区の約20・4ヘクタールは、市街化調整区域から市街化区域への用途変更に向けた「保留区域」となっています。加藤市長はマニフェストで、同地区について、保留区域を取り下げ、用途変更後に計画されている工業団地化の中止を表明しました。しかし、すでに地権者の9割が開発に同意しており、保留区域は一旦「継続」となりました。

 また、小田原駅西口や少年院跡地、周辺住宅地を含む「小田原駅周辺地区」については、計画的な再開発が必要な地区と定める「一号市街地」への編入が見送られました。加藤市長は、地元住民から編入に慎重な意向を示す署名が寄せられたことに言及しています。

 まちの将来の姿を決める都市計画の決定は、最大限地域住民の声に耳を傾けるべきです。一方で、これまで丁寧に行ってきた地域住民や地権者の合意形成や、また市と県の調整など長年にわたり積み重ねてきたものがあります。

 鬼柳・桑原地区には希少なメダカが生息し、美味しいお米も収穫できます。ただその水田の担い手の大半が開発に同意している”現実”と、豊かな自然を守るという”理想”を共存させることが政治の役割です。小田原駅周辺地区も、逆に編入推進を求める署名が市に提出されました。これらの「民意」にどう向き合うか。市と市議会で議論を重ねたいと思います。

小田原市議会議員 大川ゆたか

小田原市扇町2-13-2

TEL:0465-31-0501

https://ookawayutaka.jp/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の意見広告・議会報告最新6

今こそ、身を切る改革を

議会報告

今こそ、身を切る改革を

小田原市議会議員 大川しんさく

7月13日

6月議会において

意見広告

6月議会において

小田原市議会議員 くわはた寿一朗(じゅいちろう)

7月6日

子育てしやすい小田原のまちづくりを【9】

意見広告

子育てしやすい小田原のまちづくりを【9】

小田原市議会議員 角田真美(つのだまみ)

7月6日

持続可能なまちづくりへ

新しい小田原へ― 意見広告

持続可能なまちづくりへ

小田原市議会議員 大川ゆたか

7月6日

医療の問題、是正を

議会報告

医療の問題、是正を

小田原市議会議員 城戸さわこ

7月6日

是々非々の議論をまちづくりに活かす

意見広告

是々非々の議論をまちづくりに活かす

小田原市議会議員 神戸ひでのり

7月6日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビーチカルチャーを発信

小田原サーフィン協会

ビーチカルチャーを発信

御幸の浜でイベント

7月28日~7月28日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook